« CSRレポートを発行する理由 | トップページ | 譜読みをする »

2012年6月 6日 (水)

3つ目のオケ

半ば勢いで乗る事になってしまったのだが、今日から府中やオレイユとは別のオケに参加する事になった。3つ掛け持ちというのはやや厳しい気もするが、7月末ごろまでやや忙しい日が続く事になる。

もちろん何も考えていないわけではなくて、本番を除けば練習がダブルブッキングする事はない。今日から参加するオケは、練習回数も少なく、平日のみの練習予定が組まれている。朝楽器を持って出社するという手間はさておき、個人の練習がなかなかできない中で、週3日、楽器に触る機会が持てるのは、悪い事ではない。(楽器にとっても自分にとっても・・・楽譜にとってはややきついが。)

朝の電車も、幸いにして使っている電車は楽器を持って乗れる程度の混雑具合で、土曜の夜のオレイユの練習の後、終電で帰る際の電車よりも空いているぐらいだ。帰り・・・はやや気になるが、時間を考えなければ各停を使えば空いている事は分かっている。

むしろ問題は練習回数が少ない中でどれだけ弾けるようになれるかだろう。経験上、個人の練習をしてもそれほど効果がなく、合奏の回数をこなす事で弾けるようになる傾向があるからだ(理由は不明)。

プログラムは2曲。ブラームスのピアノ協奏曲第1番と交響曲第1番だが、交響曲はさておき、協奏曲は経験がない。ただ、オレイユで取り上げる現代曲のようなプログラムと違って、音の動きや音域も素直な感じがする。いや、曲の素姓の問題ではなく、自分の過去の経験から次を予測しやすいという事なのだろう。だからすぐ弾けるという訳ではないが、こういう場合はとにかくそのパターンに数当たるしかなく、後はどれだけ集中して練習に参加できるかだろう。

いずれにせよ、初めて参加する時というのはドキドキする。弾ける弾けないはその時になってみないと分からないが、楽しみな事だ。

|

« CSRレポートを発行する理由 | トップページ | 譜読みをする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/54887565

この記事へのトラックバック一覧です: 3つ目のオケ:

« CSRレポートを発行する理由 | トップページ | 譜読みをする »