« だったらCSRなんて必要ないよね | トップページ | 個人の練習をいかに組み立てるか »

2012年6月25日 (月)

CSRに欠けているもの

先週末はやや(かなり?)怒りに任せたエントリーをして、夜にも別のブログで書いてやや落ち着きはしたのだが、まだモヤモヤしている。なぜモヤモヤしてしまうかというと、自分の問題として回答が出せないでいるからだ。

私からいわせてみれば、日本企業で「CSR」を口にする人たちって、ある意味「体制側」の人たちだと思っているんですよ。内情は酷いのに、イメージアップを図るためだけに「CSR」を掲げればいいと思っている、みたいな。

この発言は、外部の人間にとっては他人事な放言で別に良いが(コミットする訳でもなし)、内部の人間と自覚しているのであればそうはいかない。逆にいえば、企業の人間がこの発言に「そうだよね」と同調するのは、自分は内部の人間ではないと公言するようなものなのだ。前半は単なるレッテルで、しかもそもそも言葉の使い方を間違っているような気もするが(体制側ってなんだよ笑)、後半についてはきちんと考えなければいけない問題だろう。

ポイントは3つだろうか。

1.内情は酷い、とはどのような状態か
2.イメージアップを図る事に問題はあるか
3.そもそもここで掲げられる「CSR」とは何か

CSRレポートに書かれている内容が、従業員からみると実態から遠い、という話はよく聞かれる。特に従業員の労働環境についてはそうした意見が根強い。一方で、内部を知らないはずの外部の人も同じような事を言うのを聞くと、単なるイメージで話しているだけではないか、と感じる事もある。社会的に「そういうものだ」という雰囲気が作られてしまっているのではないかという疑念だ。

一方で、レポートを編集する側からすると、こうした「実態」は表しにくい。個別の事例をもって全体がそうだという事はできないからだ。客観的なデータを示そうとすれば尚の事そうなる。サービス残業は企業側が把握できないからサービス残業なのであって、企業として把握したらそれは正規の残業なのだ。

そもそもこの問題は、内情の「絶対的酷さ」というよりは、外面とのギャップの問題と捉えるべきかもしれない。となると、2番目の問題にも絡んでくる。

みもふたもない言い方だが、外部に公表するというのは、基本的にはイメージアップのために行うものだ。こう書くとやや語弊があるかもしれないが、何か改善すべき問題があり、その課題解決を行うことが目的であれば、大切なのはきちんとPDCAを回すことであって、そこに「外部に公表する」という要素はない。

CSRにおいて、そうしたPDCAの公表が求められるのは、ステークホルダーに対する説明責任としてだろう。無責任な興味関心に答えることではないので、説明された側もPDCAの一部として応分の責任を負う事が前提になる。仮に企業が説明責任として公表した内容を、「ステークホルダー」がイメージアップのための情報発信として受けとるというのであれば、その人はすでに「ステークホルダー」ではなく、興味本位の第三者という事になる。

ようするに企業が発した情報を「イメージアップ」と受け取って批判するか「説明責任」と受け取ってフィードバックするかは、受け手次第という事だ。説明責任として受け取るのであれば、そこに問題があれば突っ込む責任を受け手が負う。株主総会やIRにはそうした要素があり、そうしたやり取りを経て内容が高められていく。同じように考えるのであれば、CSRにおいて足りないのは、企業の姿勢以上に、そうした受け手の責任意識だということになる。

この考え方を3番目に当てはめると、ステークホルダーにその自覚がない内は、企業側が何をしようがそこに「CSR」は成り立たない事になるのではないだろうか。利害関係者、PDCAの一部として責任を負うステークホルダーが不在の「CSR」・・・それは、確かにイメージアップにしかならないし、内情の改善にもつながらないだろう。

こうした考え方はステークホルダーへの責任転嫁だろうか。自社だけを捉えるならそうかもしれない。しかし、他社に対しては自分も一人のステークホルダーたり得る。自社に対しても、ステークホルダーの一人であることは間違いない。

その立場において何をし得るか。何ができていて何ができていないか。社会全体でCSRを考える場合に欠けている視点はそこのような気がしてならない。そうでなければ、冒頭で紹介したようなコメントが出てくる理由の検討がつかない気がするのだ。

|

« だったらCSRなんて必要ないよね | トップページ | 個人の練習をいかに組み立てるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/55046959

この記事へのトラックバック一覧です: CSRに欠けているもの:

« だったらCSRなんて必要ないよね | トップページ | 個人の練習をいかに組み立てるか »