« CSRに欠けているもの | トップページ | ノマドワーク? »

2012年6月26日 (火)

個人の練習をいかに組み立てるか

一日空いてしまったが、先週末の練習の話など。

オレイユは相変わらず歯が立たない。いやもうそんな事言っていられる時期ではないのだが、ピアソラとヒナステラは後は回数を重ねればなんとかなりそうな目処が立っているのだが、カーゲルがさっぱりなのだ。なんというか、音楽が身体に入ってこない。

多分聴き込みが足りないのだろう。それもスコアと付き合わせながらの聴き込みだ。この曲は「聴こえている音楽」と「楽譜に書かれた音楽」が巧妙に異なっている。タイトルの「固定楽想」は、一つの主題を様々に変容させていく手法なのだそうだが(ベルリオーズの「幻想交響曲」で初めて使われたらしい)、そうした関係を耳ではなく頭で理解していないと、結局この曲にはついていけない気がする。

もっとも、そもそも音域的に高音域に手が出ていないという事もある。これは単純に練習不足なのだが、自分の場合こうした音域は耳から入ってその音に指がついてくるというパターンで弾けるようになる事が多いので、聴く領域の話といえば話だったりする。

府中はドボルザークの8番。ああ、ホッとする・・・というか、久しぶりにしてはそこそこ弾ける。大学時代に1回、府中でも1回、すでに弾いたことがあるというのが大きいのだろう。特に大学時代の弾き込みは、市民オケとでは量が圧倒的に違う。

とはいえ、こうした「立ち上がりが早い」曲の場合、ズルズルとその状態で低迷するという可能性もある。何かチャレンジングな要素というか、課題を持った方が良いかもしれない。特に今回の指揮者の高橋先生は、どちらかといえばこちらに解釈を任せてくれるタイプの指揮者だ。先日の練習でも、「ここはどう演奏するのか?」「指揮者次第ですね」という会話が発生していたのだが、多分「ここはこう演奏したい」までオケ側で持っていないと、ややかみ合わない練習になる。(で、それが府中は苦手なのだ。どちらかといえば受身が多く、教えていただくというスタンスだからだ。それが悪いわけではなく、個性といえば個性なのだが。)

今回のプログラムでいえば「ここにはこうしたパターンとこうしたパターンの弾き方が考えられ、自分としてはこうしたい」まで持った上で合奏に臨まないと、結局何を練習したのか分からないまま終わってしまう可能性もあるだろう。しばらくファミリーコンサートに向けた練習にシフトするので、その間にどれだけ楽譜に対する解釈を考えておくか、というのがポイントかもしれない。

そして今週は木曜日にJBPのブラームスのピアノ協奏曲の練習もある。一度しか合奏に参加していないのに、すでにソリスト合わせで、来週はG.P.。こうしたスピードに合わせるのも、トレーニングといえばトレーニングだろうか。結局、個人の練習をどう組み立てるかが、どの団体においても要求されているという事だろう。

|

« CSRに欠けているもの | トップページ | ノマドワーク? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/55054547

この記事へのトラックバック一覧です: 個人の練習をいかに組み立てるか:

« CSRに欠けているもの | トップページ | ノマドワーク? »