« 株主提案はスピーチじゃない・・・よね | トップページ | 練習計画 »

2012年6月29日 (金)

オケを掛け持ちで愉しむという事

昨日はJBPの練習。半ば勢いで乗ったオケだが、残すはG.P.と本番だけという事で、短期間かつ少ないリハ回数で仕上げるオケの難しさを感じる。色々とプレイヤーの側に求められている事が多いのだ。半年かけて(それでも練習が長いと感じる事はあまりないが)仕上げる府中とは趣が違う。

ソリスト合わせだったという事もあって?懇親会にも出席したのだが、話を聞いてみると掛け持ちが多いようだ。特に弦は、練習がかぶらないのか?と思うぐらい多い人もいた。とはいえ、実際別にオケの経験がなければ、こうしたオケに参加するのは難しいだろう。乱暴な話だが、最初からそういう事を想定して作られていると言えるかもしれない。

こういう掛け持ちは諸刃の剣だなと思う。(諸刃の刀?そういえば剣って基本諸刃じゃなかったっけ?)

様々な曲を次々できる楽しさはある。仮に過去演った事があっても、指揮者やプレイヤーが違えばそれはそれで楽しみとなるのがオーケストラの面白さだ。オケごとに選曲の性格は異なるから、一つのオケにいてはまずやらないような曲に巡り会えるという事もある。

抱える曲が増えてくると短時間で曲を読み込むトレーニングにもなる。例えば楽譜へのとっさの対応力なんかは、こなした数で決まるような部分も多いと感じているのだが、実際そういう体力はついてくる。蓄積されるパターンも、一つのオケで弾いているよりは格段に増える。

一方で、どうしても追いかけられるような感じになり、一つの曲にしっかり向き合えない・・・ような気もする。楽譜の読み込み方が荒くなり、練習が不足しがちでおざなりになるのだ。

ただ、これは個人の気の持ちようかもしれない。

特に楽譜の読み込み方はそんな気がする。時間がないといってしまえばそれまでだが、それは単なる甘えだ。むしろ、短時間の練習で最大の効果を挙げるためには、楽譜とどう向き合うか、自分なりの弾き方と解釈を持っておくか、が重要になる。指示指導を待つ受身では、どうしても時間がかかってしまうからだ。

これは、直面している曲以外への姿勢にも関係してくる。今度この曲をやる事になったから、音源を聞いて楽譜を読んで・・・ではなく、そうなる前からどれだけその曲に対して自分なりの考えを持っていたかでも、立ち上がりの差は明確になるからだ。(もちろんすべての曲についてそんな事は無理なわけだが、例えば自分がいつか演りたいと思っている曲について、普段どれだけ備えているか、という事は言えるだろう。)

こんな事を書くと、なんだか「ねばならない」感じなのだが、それを音楽の愉しみとして行う気持ちが大切な気がする。実際、そうなれば愉しいだろうと思うのだが、なかなかそんな感じにはならないものだ・・・。

|

« 株主提案はスピーチじゃない・・・よね | トップページ | 練習計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/55076029

この記事へのトラックバック一覧です: オケを掛け持ちで愉しむという事:

« 株主提案はスピーチじゃない・・・よね | トップページ | 練習計画 »