« 長時間労働をなくすという考え方 | トップページ | 夜に書くブログ »

2012年7月12日 (木)

タスク管理をどう行うか

ここしばらく掛かりきりになっていた計画資料の作成がほぼ一段落。こういうのは嫌いではないのだが、やはり少々時間をかけすぎているかな~という気がする。会社的にはかなり優先順位の高い資料で、他を後回しにしてでも取り組まなければならないものだったのだが、後回しにしていた他の仕事のツケが怖い。

実際、Toodledoのホットリストには、押しのけられて予定していた期日をすぎてしまったタスクがずらりと並んでいる。デッドライン的な期日設定はしていない(完全にデッドラインにしてしまうと、本当に取り返しがつかなくなるまでリストにあがってこなくなってしまうからだ)とはいえ、この状態はじわじわとストレスになる。

「あれが終わってない」「これも終わってない」「どれも終わってない」という事を常に突きつけられる状態だからだ。

どうもこのタスクリストによるタスク管理のやり方は自分にとってイマイチな気がしなくもない。とりあえずリストはできているのだが、実際には進まない事が多いのだ。

もちろん、忘れるとか抜け落ちるという事は少なくなったと思う。そういった意味でまったく無意味とは思わないのだが、仕事の推進力になっているかというと、やや疑問が残る。何だろう、やらなければならない事として意識にはある一方で、そのための時間がブロックされないのだ。

それでは、進みようがない。

以前何かで見かけた、カレンダーで一元管理する方法に切り替えてみても良いのかもしれない。カレンダーそのものがごちゃごちゃして見にくくなる(以前一度試そうとした事があるのだが、登録している間にうんざりしてやめてしまったので実際には運用には至っていない)のだが、自分の時間の使い方をきちんと把握する意味でも、一度そのようにやってみても良いかもしれない。

|

« 長時間労働をなくすという考え方 | トップページ | 夜に書くブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/55176815

この記事へのトラックバック一覧です: タスク管理をどう行うか:

« 長時間労働をなくすという考え方 | トップページ | 夜に書くブログ »