« オケを掛け持ちで愉しむという事 | トップページ | 何故脱原発にばかり絡んでしまうのか »

2012年7月 2日 (月)

練習計画

この週末は、通常のオレイユと府中の練習に加え、土曜の午前中に府中のファミリーコンサートのための楽譜探し、午後にオレイユのパート練習、日曜の午後に(オケとは関係ないが)B4Sの主催する「カナエール2012夢・スピーチコンテスト」があった。単なる慌ただしさと受け取るか、充実と受け取るかは主観による。

パート練習では、光が見えたというか、絶望が見えたというか、相変わらずこの人たちはすげーなという思いを新たにする。楽器のキャリア的には負けていない(というか多分自分の方が長い)ので、ようはこれまでに積み上げた練習の違いということだろう。どうも自分の練習というのは中途半端な気がしてならないのだが、どう組み上げていったら良いのか分からない。

前にも書いたが、それが楽器とスキーの違いだ。スキーは自分で練習を組み立てることができる。楽器はそれができない。できないわけではないが、その確証が持てない。

レッスンを受けるのが一番良いのだろうが、現状ではその時間を確保するのはかなり難しい。それも甘えといってしまえばそれまでだが、何というか、練習量ではなく練習方法の問題の気がするのだ。
とはいえ、根本的な基礎不足といえばその通りなので、そこを量でカバーをすれば良いのか、その辺りがよく分からない。

一方府中の練習は、秋の定期演奏会に向けた練習を一時中断し、ファミリーコンサートの練習がスタートした。スタートしたといっても、本番は7月22日だから、練習期間は短い。間にJBPの本番があり、終わった翌週はオレイユの本番って、何だそのスケジュールは。
(というか、ファミリーコンサートは元々降りる事も考えていたのだが、パート内の事情によりやはり乗らざるを得ない事になったという事もある。)

こちらはやや曲数が多い。昨日の初見では、絶対的にさらわないと弾けないという曲はないのだが(期間が短いため、そんな曲はそもそも選曲されない)、まったく個人練習なしでOKかといえばもちろんそんな事はない。とはいえ、現状からいえば、本番が一番後のオレイユが最も危機的状況にあり、本番が近いJBPがそもそも練習時間がないとうことで、府中についてはやや余裕があるという感じだろう。今回は運営面を他の人に任せられるという事も大きい。

さて、今週はJBPのG.P.(木曜日)と本番(日曜日)がある。G.P.前に練習するにはもちろん平日夜に時間を確保するしかないのだが、今日明日はすでに予定がある。水曜日は面白そうなセミナーがあったのだが、まぁこの日は練習にあてたい所だ。金曜日も別件の予定。
日曜日の府中の練習は休むが、土曜日のオレイユの練習は休めないし、そもそもオレイユこそ最も練習が必要な状態にあるので、土曜日はその練習にもあてなければならない。

うん、充実している。


・・・ちなみに仕事も結構追われる状態にあったりするorz

|

« オケを掛け持ちで愉しむという事 | トップページ | 何故脱原発にばかり絡んでしまうのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/55101389

この記事へのトラックバック一覧です: 練習計画:

« オケを掛け持ちで愉しむという事 | トップページ | 何故脱原発にばかり絡んでしまうのか »