« 福島原発事故が「人災」であるという事 | トップページ | コミュニケーションシステム »

2012年7月 9日 (月)

演奏会終了

JBP(ヨハネス・ブラームス・フィルハーモニカー)の演奏会終了。楽しかったのだが、色々と反省点もある(個人として)演奏会だった。

まず、正直なところ無理があったのは認めざるをえない。やったこともある曲だし、というのは甘すぎた。時期的な問題もあるが、短期間で仕上げるにはそれなりのリソースの投入が必要で、それはつまり府中やオレイユなどの他の練習に影響が出てしまうという事でもある。

さらにいえば実際にはそこまでのリソースも投入できていない。改めて思ったのは、自分が個人練習ではなく合奏や分奏といった練習の中で曲への練度を高めていくタイプだということだ。これは実はあまり良いことではなくて、本当は個人できっちりと練習をしてから合奏には臨まなければならない。

短期間で練度を高めていく練習方法が必要だと感じるのは以前にも書いた通り。基本的にはベースの部分を高めていくしか無い。これは単に楽器を弾くという技術だけでなく、楽譜を読み込むといった事も含めてだ。

一方、こうして他のオケに参加するというのは、様々な発見がある。そのオケの運営方法、練習方法それ自体もそうだし、メンバーから他のオケの話を聞くということもそうだ。こればっかりは、同じオケにいるだけでは得られない情報で、もちろんすべてがすべて参考になるわけではないのだが、得られる事は大きいと感じる。

また、調整次第では平日練習のオケもなんとかなるということもなんとなく分かった。深入りするのは無理にしても、練習に参加するのはなんとかなる。後は個人の練習とのバランスだ。

府中のような大編成(特に弦)のオケにいると、ついつい数に甘えがちになる。今回のJBPが3プルト、オレイユが2.5プルト、チェロが2〜3プルトぐらいだと、室内楽とまでは言わなくても、自分の役割が大きくなるし、逆にアンサンブルとしても緻密さが出てくる。(府中が問題というわけではなく、大人数には大人数の良さがある。)

選曲の幅ということでいえば、弦楽器が5-4-3-2-1ぐらいの編成で古典を中心にやるようなオケに参加するのが、次のステップとしては面白いのかもしれない。とはいえ、そういう編成のオケは空きがないだろうなぁ・・・。

|

« 福島原発事故が「人災」であるという事 | トップページ | コミュニケーションシステム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/55154602

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会終了:

« 福島原発事故が「人災」であるという事 | トップページ | コミュニケーションシステム »