« SECIモデル | トップページ | 寝坊した・・・ »

2012年8月13日 (月)

千葉フィルハーモニー管弦楽団サマーコンサート

今日は会社は休みなのだが、普段通りの電車で出社し、ゴーヤに水をやった後に平河町ライブラリーへ。
一部休み中に終わらせておきたい仕事がある。宿題もあるのだが、それはまた後日来る予定。

家からはちょっと遠いが、会社の近くにあると考えれば平河町ライブラリーのような施設は便利だ。朝から晩まで涼しい中で過ごせる。前にも書いたように「楽器が弾けない」のはもう仕方がないとして、PCが使えて本が読めれば、大体時間を持て余すことはない。

同じように考える人は少なくないのか、すでに何人かの人が来ている。仕事という人もいれば、勉強という人もいるのだろう。


さて、昨日は以前参加したJBPの方にいただいた千葉フィルハーモニー管弦楽団のチケット片手に津田沼の習志野文化ホールまで行ってきた。当初車で軽いドライブがてらの気分だったのだが、駐車場がない事が判明し、電車で約2時間ほど。さすがに結構ある。

サマーコンサートという名目だが、特にライトクラシックという訳ではなく、

R.シュトラウス 交響詩「ドン・ファン」
プーランク 演奏会用組曲「牝鹿」
フランク 交響曲ニ短調

というプログラム。個人的には馴染みのない前半のプログラムに関心があった・・・のだが、相変わらず特に予習はせず。馴染みのあるフランクの方が楽しめた気がする(当たり前か)。

前半はステージ近く、後半は後方の座席で聴いたのだが、前半はあまり聞こえなかった低弦が後半は響いて聞こえたのはホールの構造だろうか、パートの練度の問題だろうか。全体の響きもやや違っていたので、ホールの特性なのかもしれない。

前半間近で見ていたチェロのパートリーダーに関していえば、ほとんど楽譜に釘付けのように見えてしまうのが気になった。ザッツも少なめで、うーんなるほど自分も注意しなければいけないなと考えてしまったりする。弦楽器は全体に動きは少なめで、唯一セカンドヴァイオリンの3プルト表の人だけがやたらと派手なアクションだったのだが、考えてみるとこういうところがそろっていると、オーケストラの弦楽器セクションは「上手に見える」気がする。

休み中にドヴォルザークもさらわないとなぁ・・・。

|

« SECIモデル | トップページ | 寝坊した・・・ »

コメント

ブログを楽しく拝見しております。
私は府中の隣町、くにたち市民オーケストラでチェロを弾いている者です。府中オケのご活躍のご様子、いつもかげながら応援しております。
昨年の府中のベートーヴェン第9演奏会の際には、くにたち市民オケの団員が、合唱団の一員として演奏会に参加させていただきました。
さて今回は勝手ながら、くにたち市民オケの演奏会の宣伝をさせていただきたく、コメントいたしました。手前どもの次の定期演奏会は10月8日(月・祝)です。今回はサン=サーンスの「オルガン付き」に挑戦するのですが、せっかくやるなら本物のパイプオルガンをと奮発し、所沢ミューズで開催することになりました。
ところが所沢は国立からみれば、完全アウェーです。ホールの状況から集客にいたるまで手探りで、肝心の演奏もまだまだ心もとない状況です。
というわけで、せっかくの連休の最後の休みの日ぐらい、ゆっくりしたいとお思いのところを恐縮ですが、もし万が一、生のオルガンを聴きに所沢まで足を伸ばしても良いかな・・・、という方がいらっしゃいましたら、是非演奏会にお越しいただきたく、ご案内・無料ご招待いたします。
私宛にご連絡いただければ、チケットをお送りいたします。
お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 長田良幸 | 2012年8月16日 (木) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/55412439

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉フィルハーモニー管弦楽団サマーコンサート:

« SECIモデル | トップページ | 寝坊した・・・ »