« 迷惑とサービスの類似性 | トップページ | iPhone5 »

2012年9月12日 (水)

スケール練習用の音源

昨日は練習をした(別に堂々と言うような事ではないが)。

前日にスケール練習用の音源を作っておいたので、お試しも兼ねていくつかさらってみる。聞きながら練習するために作った音源だ。4オクターブで全音符-四分音符-八分音符-十六分音符というパターンと、3オクターブで二分音符-四分音符-八分音符-十六分音符のパターン。
一拍=60で弓の動きは4拍全弓で固定。

4オクターブは、一つの調性で5分かかる。3オクターブなら2分半。オケの練習前に軽くさらうのであれば、4オクターブは時間的に長すぎる。正直にいえば3オクターブも長いので、もう少し短いパターンを考えた方が良いかもしれない。

それと、音源の音そのままではなく、三度なりの和音の響きとして音を出すようにした方が良いかもしれない。アンサンブルの中で要求されるのは、「同じ音を出す事」ではなく「ハモる音を出す事」だからだ。音源と同じ音を出すような練習をしても仕方が無い。

そうした 響きを出すような練習であれば、細かい音は省いて、せいぜい四分音符まででも良いという考え方もあるだろう。実際には細かい動きの中でも聴き合う事が要求されるが、実際やってみた感触としては、まだそこまでの余裕はない。特に調性が変わると途端にそれだけで精一杯になる。

もちろん指を慣らすための細かい動きのスケール練習も必要だが、響きを聞いて音程をとる練習とは分けて考えた方が良いだろう。別々にパターンを作成した方が良さそうだ。

全部の調性で練習すると考えれば、3オクターブで大体必要な音域はカバーできる。
音程重視のパターンは二分音符(全音符では時間がかかりすぎる)で、ガイド音源は和音で構成。
リズム重視のパターンは四分音符-八分音符-十六分音符として、少し変則的なものを加える事も検討してみよう。弓の使い方も全弓にこだわる必要はないはずだ。

さらに欲をいえば、アルペジオの練習などもできると良いのだが、これはかなり面倒な気がする。今後の課題というところだろうか。

で、それらの音源はそれぞれ作らなければいけない訳だが、考えてみたらそういったパターンを色々切り替えて練習できるようなアプリがあったりすると便利かもなぁ・・・。

|

« 迷惑とサービスの類似性 | トップページ | iPhone5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/55636880

この記事へのトラックバック一覧です: スケール練習用の音源:

« 迷惑とサービスの類似性 | トップページ | iPhone5 »