« 他のパートを気にするという事 | トップページ | のんびり・・・ »

2012年11月13日 (火)

運営委員長の役割

運営委員長の役割というのはどういうものだろうかと考えてみる。
もちろん、考え方はそれぞれで、前任者とは違うだろうし、後継者(今後できたらだが)にかくあれというものでもない。が、自分としての考えはどうなのかは整理しておいたほうが良いのだろう。

・・・今更?という気もするが。

今の時点で自分が考えている運営委員長の役割は大きく3つある。

一つ目は言わずもがなだが、オケの運営に関する委員の行動に対して責任をとることだ。もっとも、各委員には委員の責任がもちろんあるので、最終的に、という事ではある。この責任は、委員間で意見が分かれたり、判断に迷いが生じた時などに判断をする責任というのも含まれる。

これは別に意識的に考えるまでもなく、立場上逃れられないものだろう。だから普段特にこれを気にして行動するということはない。委員に迷いがあれば相談があるし、委員長として白黒つけなければならないほど意見が割れることはめったにない(というか、原則話し合いの解決が基本だから、委員長として強権発動するような事はほぼない)。

二つ目は演奏委員会に物申すことだ。もちろん、個別の要望は各委員から行われるが、もう少し全体的な話で、例えば演奏委員会のあり方といったものに、運営側から注文をつけていくのは、運営委員長の役割だろう。このあたりは正直まだ十分に出来ていない。自身が演奏委員でもあるので、正直やりづらいという事情もある。

本当はもっと割り切りが必要なのだろう。とはいえ、個人的には演奏委員会にはもっと出来る事があると考えているが、それが「運営委員長として」の意見なのか、「演奏委員会の一員として」の意見なのかはやや微妙だ。演奏委員会は今のままで、運営委員会側でその機能を担うといった選択肢も無いわけではないので、なおのことどこまで物申すかについては迷いがある。

三つ目は(委員長の)仕事をなくし、(委員の)仕事を創ることだ。こうした団体では、ともすれば委員長が雑事を一手に引き受けるといった事態に陥りやすいが、そうした「やるべき事」を、委員長や誰かがなんとなくやることではなく、委員の役割の一つとして落とし込んでいくことが必要になる。

委員長がやることは委員長でなければできないことでなければ意味がない。練習時の連絡と、運営委員会の開催、総会の開催はとりあえず委員長でしかできないことになるだろう(厳密には総会は代表の役割かもしれないが、機能として代行するのであればそれは運営委員長の役割になる)。他の仕事は、各委員の仕事として、原則委員が判断して遂行できるような環境を整えるのが委員長の役割になるだろうか。

ただ、この三つ目は委員に仕事のやり方の変更を求める場合もあるので、結構進めるのが難しい。逆に言えば、難しいから、隙間仕事は運営委員長に降ってくるとも言える。そう考えると、そうした隙間を何とかするのが運営委員長の役割だと捉えることもでき、自分でやってしまうというのも解決策の一つとして選択できるのだ。

とはいえ、一応自分のスタンスとしては、各委員の役割として明文化していく、というのが委員長としてのミッションということになる。この領域もまだまだ取り組みは不足だ。とりあえず委員長としてやっていた事の多くは、役割として委員に振ることが出来たが、各委員の中に不可視作業としてある仕事をきちんと役割として落としこむ事については、あまり出来ていないのが現状だろう。

先の話ではあるが、それをしっかりやらなければ、委員の代替わりが難しくなる。大学オケのように代替わりをしなければいけないわけではないが、どこかでそういった事も仕掛けていかなければならない訳で、来年はそのあたりに力を入れる必要があるのかもなぁ・・・などとちょっと早いが考えたりしたのだった。

|

« 他のパートを気にするという事 | トップページ | のんびり・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/56103345

この記事へのトラックバック一覧です: 運営委員長の役割:

« 他のパートを気にするという事 | トップページ | のんびり・・・ »