« 企業の社会貢献活動のあり方 | トップページ | 今日は残業可能日です »

2013年2月12日 (火)

三連休の過ごし方

今年2回目の三連休が終了。考えてみたら1月の連休で雪に閉じ込められてからもう1ヶ月が経ってしまっているのか・・・。

そんな話はさておき、この三連休は結構練習三昧だった。

土曜日は午後にミニクラシックコンサートに向けたアンサンブルの練習
日曜日は午前中が府中のオケの練習で、午後がやはりミニクラシックコンサートに向けた練習

そして月曜日は・・・
午前中にスキー、午後に演奏会を聴き、夕方から夜にかけて上野の森の練習

という、我ながら何やってるんだというスケジュールで動いてしまった。

そんな訳で連休明けのエントリーは、まずはスキーの振り返りから。


一本目は何も考えずに滑る。朝一の人の少ないバーンを大回りで滑るのはとてつもなく気持ちいい。
2013年2月11日 8:16:36 HootSuiteから

二本目はショートターン。緩斜面なので減速動作はしない。エッジがクッと雪面を斬る感じが楽しい。
2013年2月11日 8:22:33 HootSuiteから

三本目はミドルターン。多少内足荷重を意識してみたが、まぁウォーミングアップの遊びだねこれじゃ。
2013年2月11日 8:26:45 HootSuiteから

四本目は外足にはっきり荷重するプルークボーゲン。足に響く。そういえば内足荷重でプルークターンってできるのかな。
2013年2月11日 8:35:29 HootSuiteから

五本目。テールを外に押し出すプルークボーゲン。外足をずらすシュテムターンと原理的には同じはずだが、ボーゲンだと分かりにくい。
2013年2月11日 8:41:43 HootSuiteから

六本目。トップを落とし込むプルークターン。とはいえこのターンは外足をスライドしないのでスピードが落ちない。八の字開脚のパラレルターンみたいなものだ。
2013年2月11日 8:46:42 HootSuiteから

七本目。内足荷重のプルークターンに挑戦してみる。一ターンごとにブレーキをかける必要があるが、まぁ何とかトレーニングとしてできそうな感じ。
2013年2月11日 8:52:12 HootSuiteから

八本目。軽く流しながら上に登るためのリフトをめざす。並走するスノーボードとクロスしそうになって減速のタイミングが取れず少々焦った。下で止まっていた人たちの間を結構なスピードで抜いてしまったので驚かせてしまったかも。反省。
2013年2月11日 8:58:54 HootSuiteから

九本目。緩斜面から中斜面へシフト。こうなるとさすがにプルークターンは維持できない。
さて、ゴンドラで上にあがる事にする。
2013年2月11日 9:09:04 HootSuiteから

ゴンドラ一本目。雪面状態の確認も兼ねてノンストップで軽く流す。といっても距離があるので結構きつい。降りてくると意外と混雑していた。飛ばすのはしんどそうだ(とばすなよ)。
2013年2月11日 9:28:50 HootSuiteから

ゴンドラ二本目。雪が柔らかめで踏ん張りが効かず、スピードが抑えきれない。もう少し抑え気味に滑りたいところ。
2013年2月11日 9:47:15 HootSuiteから

ゴンドラ三本目。ショートターン主体で抑え気味に滑る。かなりしんどいし、汗ばむ。その割にトレーニングにならない。オケでいうと初見大会で楽しいけどあまり身になっていない感じだろうか。
2013年2月11日 10:10:44 HootSuiteから

ゴンドラ四本目。かなり人が増えて滑りづらい。降りてきても人が多いので萎えてきた。そして今から帰れば上野の森の練習の前にフランのコンサートに行けるような気がしてきた。
2013年2月11日 10:30:35 HootSuiteから

リフトの十本目を滑って今日は早々と終わる事にした。フランのコンサートに行けるといいな。
2013年2月11日 10:52:24 HootSuiteから


・・・ということで、お昼どころか11時前には終了し、帰路につくことに。ただ、往復の時間とかかる経費はさておき、こういうスキーのスタイルが自分にはあっているような気もする。イベント的にがっつり滑るというよりは、フラッと行ってちょっと滑るみたいな日常感がある方が楽だし、楽しい気がするのだ。(単に1日滑る体力がないとも言う・・・。)

もっとも、11時あがりというのは流石に早い。人が多くてうんざりしたという事もあるのだが、まぁ昼までというのが妥当な線だろう。ただ、11時にあがるのであれば、午後に予定を組むことも何とか可能である事も分かった。13時は無理だが、14時なら問題ない。昼まで滑れば次は15時以降になってしまうので、それでは午後の予定として組めないのだが、14時であれば多少は遅れるにしても、まぁ予定としては成り立つ。

・・・などと無茶な事を考えながら、まぁそんな予定は組まないであろう。昨日も元々アンサンブル・フランのコンサートは行く予定ではなかったし、予定として組んでしまうと縛られるので、何かあった時の影響が大きい。

さて、三連休の後は、いつもよりも1日少ない仕事の1週間が始まる。この「1日少ない」というのは意外に曲者で、思っていた事が終わらなかったりする。自分の場合、夜の予定が結構埋まっていて、残業でカバーする事が見込めないという条件もあったりするので、気合をいれて臨まなければ。

|

« 企業の社会貢献活動のあり方 | トップページ | 今日は残業可能日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/56749072

この記事へのトラックバック一覧です: 三連休の過ごし方:

« 企業の社会貢献活動のあり方 | トップページ | 今日は残業可能日です »