« 今日は残業可能日です | トップページ | しばらくもう一つのブログを軸に据えてみる »

2013年2月14日 (木)

マネージャーの視点

プレーヤーの視点ではなく、マネージャーの視点に立つのは難しい。
実際にその案件においてプレーヤーである場合は特にそうだ。(元々マネージャーの立場であれば、それほどでもないが、それでも難しい事はある。)

自分がどうするかを考えているうちは、プレーヤー視点を抜け出せない。
他人にどうしてもらうかと考えることで、マネージャー視点は生まれてくる。

プレーヤーは、自分がどうするかを考え、そのために自分はこうしますと宣言する。

これは考える方向性としてはそれほど難しくない。難しさはその先の実行の段階にある。

マネージャーは、他人にどうしてもらうかを考え、そのために自分はこうしますと宣言する。
もう少し厳密にいうなら、他人にどうしてもらうかを考え、そのために自分がどうするかを考え、他人にこうして欲しいというメッセージを包含させた上で、自分はこうしますと宣言する。

考えるステップの中に、他人と自分双方の視点が入ってくるのが、マネージャーがある案件においての自分の役割を考える上での特徴だろう。

そういった意味では、実行の難しさは難しさとして、マネージャーにとっては、その前の段階の「考えるステップ」にこそ大きな困難が待ち受けているということだ。

もっとも、マネージャーも役職の一つだから、そのポジションにおけるルーチンがある程度固まっていれば、その筋道に沿って考えていくことができる。ポジションがある程度定まっているということは、他人についてもある程度その類型の中で考えることが可能ということでもある。

その中で考えることは、「マネージャーというプレーヤー」の視点で良いということで、それほど困難ではないのかもしれない。

|

« 今日は残業可能日です | トップページ | しばらくもう一つのブログを軸に据えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/56762808

この記事へのトラックバック一覧です: マネージャーの視点:

« 今日は残業可能日です | トップページ | しばらくもう一つのブログを軸に据えてみる »