« タスクリストの見直し | トップページ | 人材獲得戦略としての終身雇用 »

2013年4月15日 (月)

ソロ合わせ

昨日の府中は、定期演奏会に向けたソロ合わせにバレエ公演の伴奏となかなか盛り沢山で、少々疲れたのだが、それ以上に楽しい1日だった。

今回のヴァイオリンコンチェルトのソロ合わせの練習は、G.P.と本番を除けば昨日の1回のみ。正直にいえば、昨日の朝までは「今回のコンチェルトはイマイチ乗っていないな〜」と感じていた。理由ははっきりしていて、練習回数が少なく、音楽のイメージができていないからだ。

端的にいえば、音源を聴きながら楽譜のイメージができない。ある程度こなれてくれば、音源を聴きながら楽譜を頭の中で再現できるものなのだが、そうした「脳内再生」ができないのだ。自分の場合は意識的にというよりは無意識の領域に刷り込む必要があり、不思議と個人練習を重ねただけでは、そうしたイメージはできてこない。
(多分自分の楽器の音と楽譜を結びつけているのではなく、アンサンブル全体の響きと楽譜を結びつけているからだ。)

そんな訳で、一流の人をソロに呼ぶのはそれはそれで良いのだけれど、もっと練習に参加してもらえる人と一緒に音楽を創り上げるというのも良いかな〜などと練習に向かいながら考えていたりしたのだが・・・

・・・やはり一流の人というのは全然違うのだ。

昨日の1回の練習で、全てとは言わないまでも、かなりの楽譜が脳内に刷り込まれた・・・はずだ。一度音源を聴いて試してみないと分からないが、かなり鮮烈なイメージになっている。そうして一度イメージができえしまえば、再生を繰り返すことで定着させていくことも可能だろう。

それにしても楽しかった。本番とはまた違ったあの緊張感と高揚感はなんだろうか。

|

« タスクリストの見直し | トップページ | 人材獲得戦略としての終身雇用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57176854

この記事へのトラックバック一覧です: ソロ合わせ:

« タスクリストの見直し | トップページ | 人材獲得戦略としての終身雇用 »