« 本番が近づいてくる | トップページ | 右手の矯正 »

2013年4月23日 (火)

叩き台を作る

自分の場合、いわゆる「叩き台」と呼ばれる資料を作る際のスタンスは二つあって、一つは自分の意見を「入れない」2〜3歩手前で足踏みしている形、もう一つは自分の意見を「加えた」2〜3歩踏み込んだ形で作ることが多い。

それは基本的に「叩かれる」事を前提にしていて、ようするにそこから足すなり引くなりして、最終的に資料を「完成させる」のは、提出されたあなたの役割ですよ、と割り切っている訳なのだが、時々その辺りが実は相手と合意されていない場合がある。

叩き台として提示したはずのその資料を「叩く」のではなく、「評価する」スタンスで見てしまう人がいるのだ。

曰く「物足りない」足りないですよ、貴方の意見を加えるための資料ですから。
曰く「踏み込みすぎ」踏み込んでますよ、貴方に削ってもらうための資料ですから。

それならまだ手直しができたりするが、時々「じゃあこれで」なんて事になって、ひえ〜となる場合もある。

この辺りの齟齬が後々問題になりやすいのは、その資料、ひいてはその内容のオーナーシップが誰なのかが見えにくくなるからだ。叩いた場合は叩いた側だが、評価された場合は評価された側がオーナーシップを取ることになる場合が少なくない。するとこちらが叩き台のつもりで提出した資料を評価されてしまうと、互いの間でそのオーナーシップが宙ぶらりんになってしまい、多くの場合は提出側に降ってきてしまう。

だったらもう叩き台のスタンスなどやめて、最初から評価してもらうための提案資料として作れば良い訳だが、叩かれるというのはそれなりに精神的ダメージが大きいため、「叩き台」であれば、そういう資料として割り切るぐらいの方がやりやすい。そもそも、オーナーシップが相手方にあるべき資料の作成を「肩代わり」するのが叩き台の役割なのだから、そこに精力をつぎ込むのはこのご時世に効率が悪すぎる。

とはいうものの、結局そういう叩き台スタンスは通用しなくなっているんだろうなぁ。
昨日叩き台として作ってしまった資料だが、やっぱり見直して自分の資料にするか・・・。

|

« 本番が近づいてくる | トップページ | 右手の矯正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57230462

この記事へのトラックバック一覧です: 叩き台を作る:

« 本番が近づいてくる | トップページ | 右手の矯正 »