« 不完全なアンサンブルにおける練習 | トップページ | 土日の練習 »

2013年6月21日 (金)

地力向上のための個人練習

昨日休みをとって免許証の更新をしたのだが、その後はダラダラと過ごしてしまった。どうもこのところダラダラと過ごすオフが増えているな〜と思いながら、そもそもダラダラと過ごすからオフなのであって、何か目的を持って行動していれば、仕事でなくてもそれはオンであり、だとすると問題は「オフが増えている」事かな〜などとくだらない事を考えたりする。

そんな話はさておき、昨日の続きを考える。個人的に最近興味があるのが、いかに自分の地力をあげれば良いだろうかという話だ。アンサンブルを実現する上で、曲にアジャストするのはもちろん大切だが、そのアジャストのための力がなければ、そもそもどうしようもない。

もちろん、アンサンブルのための練習の中で(自然と)磨かれる地力というのはある。今の自分が3つのオケを掛け持ちし、平日練習のオケにまで参加しているのは、半分以上そのためだ。だが、それだけでなく、目的意識を持った地力向上のための個人練習が必要なのは間違いない。

大学時代、トランペットコンチェルトのためにお呼びしたソリストが一泊した際に、2日目の夕方のオケの練習までの間、練習室を用意したことがある。「1日中吹いてたんだよ」とはその時部屋を用意したトランペットパートから後日聞いた話。想像だが、その練習は「その時のソロのための」練習で占められて「いなかった」と思う(というかそこまで話を聞いたような気もする)。

スキーの練習でもそうだが、地力を高めるためのトレーニングは、地道な基礎の反復以外にあり得ないのだ。その積み重ねがアンサンブルにも生きてくる。

先日、府中のミニクラシックコンサートのビデオを見たのだが、はっきり言って自分の音はひどいものだった。音の発音や粒の乱れ、音程の歪み、リズムの不安定さなどなど、それらは曲に対する習熟度ではなく、そもそも基礎となる「楽器を奏でる能力」不足から生じたものだ。

その辺りを高めていくには「アンサンブルの練習」だけしている訳にはいかない。

もちろん、両者の練習を組み合わせることは可能だろう。例えば今回の府中であれば、リエンツィやティルには、半音階が何箇所か出てくる。これを「曲としてさらうか」「半音階のスケールとしてさらうか」という話だ。後者であれば、楽譜にないパターンも含めて練習する訳だが、それは当然曲にも跳ね返ってくる。逆は難しい。

マーラーの10番なら、滅多にない調性のスケールを練習する機会と捉えることができるし、それは新世界の第2楽章などにもつながっていくはずだ。魔笛ならスピッカートの練習として行う方法を考える。大切なのは「曲をさらう」事を目的にしない事だ。それをやったら「ソロの練習」になってしまう。基本は他のバリエーションを考えながらやるということになるだろうか。


・・・まぁいずれにしても最初に必要なのはそのための練習時間を確保することではあるのだが。

|

« 不完全なアンサンブルにおける練習 | トップページ | 土日の練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57634316

この記事へのトラックバック一覧です: 地力向上のための個人練習:

« 不完全なアンサンブルにおける練習 | トップページ | 土日の練習 »