« 自分が何を担っているか | トップページ | 運命の個人練習 »

2013年7月 1日 (月)

ひとつのパートとしてまとまるという事

この週末は上野の森交響楽団、アンサンブル・オレイユ、府中市民交響楽団の練習が(重なる事なく)集中して、2日間ほぼ楽器漬けだったのだが、その中で考えたことなど。

トップはもちろんしっかり弾くことは最低限必要なのだが、パートとしてまとまる上ではメンバーがどのように弾くかも課題になってくる。あるいはトップとしてどのように弾くことを求めるかだろうか。
パートとしての響きを拡大させる役割がメンバーにあるのであれば、メンバーに求められるのは必ずしも「トップと同じような弾き方」ではないとも考えられる。理屈としてはなんとなく分かるのだが、ではどうすれば良いのかというのが分からない。

オレイユの練習で散々言われる「弾かなくて良い」というのは、弾くという行為がトップに求められる時に、他のメンバーに求められているのが「弾く」以外の演奏行為であるという事だ。空気を作る、ニュアンスを作る、響きを作る、表現はなんでも良いが、音以外で音楽を奏でるような、禅問答のような役割が求められているのかもしれない。

そうした視点で考えた時に、トップである府中はさておき(というかトップとして弾けてない状況はこれから何とかしなくてはいけない訳だが)、オレイユや上野の森での自分の「演奏」はパートとしてのアンサンブルを乱すものになってしまっている気がする。オレイユではそれでも指揮者から求められてそれらしい役割を志向して弾いている(つもりな)のだが、上野の森では完全にそうした部分お構いなしに逸脱して弾いてしまっている。

まぁそこまでの余裕が無いということもあるのだが、求められている音の出し方はどういうものなのか、もう一度考えなおす必要があると考えさせられたのだった。

・・・本番までもう殆ど時間がないんだけどね。

|

« 自分が何を担っているか | トップページ | 運命の個人練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57701732

この記事へのトラックバック一覧です: ひとつのパートとしてまとまるという事:

« 自分が何を担っているか | トップページ | 運命の個人練習 »