« 運命の個人練習 | トップページ | みんなでスーツを着る »

2013年7月 3日 (水)

パートプレイヤーとして弾く

昨日の電車内からの更新が悪くなかったので、今日もそれにて。気になるのはフリック多用による親指へのダメージと昨日はカバンから出る事なく無用で終わったiPadを今後持ち歩く必要性だろうか。

そんな話はさておき、昨日は上野の森の練習。土曜日に集中練習があったばかりだが、本番も近いので、いよいよ佳境という事になるだろうか。

昨日の練習では、先日のオレイユの練習で指摘された事を意識してみた。昨日書いた「トップの音の響きを広げる」ような音の模索だ。正直、解答がないというか、どうしたらそうした弾き方になるのか、試行錯誤するしかない。

ただそうした事を意識し始めると、自分がいかに普段周囲を意識せずに弾いているかを自覚させられる。正確にいうと、同じチェロパートへの意識の不足だ。ではどこを意識しているかというと、他のパートになる。

それはトップの役割だ。実際府中ではそのように弾く事を公言してもいる。それに合わせるのはパートのプレイヤーの責任だと。

つまりプレイヤーである場合、他のパートへの意識はもちろん何処かに持ちつつ、パートトップへの意識をより強く持つ必要があるという事だろう。

何だかその方が大変なんじゃないかと思わなくもないが、そうした立場で弾くのだから、もっとパートトップに合わせる意識を強く持った方が良いのだろう。

さて、昨日の練習では、ハーモニーの確認をする場面が多かった気がする。これをそろそろ仕上げをする段階に入ったとみるか、もうやっておかないと間に合わないと判断したとみるかは指揮者に聞いてみないと分からない所だが、個人的にはこうした確認があるのは助かる。少し前に書いたように音程感をアジャストできていない気がしているからだ。

で、その辺りはまだ不安があるんだな・・・。

|

« 運命の個人練習 | トップページ | みんなでスーツを着る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57714378

この記事へのトラックバック一覧です: パートプレイヤーとして弾く:

« 運命の個人練習 | トップページ | みんなでスーツを着る »