« 日本人は教えすぎている | トップページ | 電車内ブログエントリー »

2013年7月 8日 (月)

自パートの音を聴く

今日も朝ゆっくりブログを書いている時間がなさそうなので電車内にて。今後こういった事が増えそうでやや気になるところ。だからという事もあるがとりあえずiPhone5にはする。

週末のオレイユと府中の練習では、自パートの音を聴く事を意識してみた。そうやって改めて意識してみると、いかにこれまで注意を払っていなかったかがよく分かる。正直にいえば府中の方はまだ曲が体に入っておらず、あまり聴いている余裕がない。

とはいえ、聴く事のできたオレイユも、それで合わせられたかといえばそれは別問題。そもそも聴こえているというのが「違う音として」であれば、根本的に「合っていない」事になる。

流石にそこまで違うのはこちらが間違えた時ぐらいなのだが、そうではないにしてもパートとして一体となって音を出す事につながっているかと問われると自信がない。

元々オレイユは少人数のために一人ひとりの音のウェイトが高い。終わった後の飲み会で「(チェロでも)一人欠けると分かるね」といった話題が出たのだが、一体となっていなければ、それも明確に分かってしまうという事だ。

奇しくもパートリーダーからは音の粒をそろえるためにさらう箇所の指示も届いたので、可能な限りさらわなければ・・・ならないのだが、仕事の方は異動前の最後の週で今週どれだけ時間がとれるかはやや心許ない。

それでもなんとかしなければ。何事もそうだろうが、こうして追い詰められてのストレッチが地力の底上げにつながるのだ。

|

« 日本人は教えすぎている | トップページ | 電車内ブログエントリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57747611

この記事へのトラックバック一覧です: 自パートの音を聴く:

« 日本人は教えすぎている | トップページ | 電車内ブログエントリー »