« ブランドの生み出す価値 | トップページ | ブラームスの4番 »

2013年7月31日 (水)

生活の固定化

最近・・・だけというわけでもないが、生活が固定化している気がする。

毎週日曜日に府中の練習。
毎週火曜日に上野の森の練習。
(先日までは)毎週土曜日にオレイユの練習。

毎朝5時に起き、6時前に家を出て、7時にプロントで朝食、ブログ執筆。
毎昼は大体RESPEKTで昼食。そうではないにせよ、何店かでローテーション。
毎夕は練習がなければ平河町ライブラリー。その前に丸亀製麺で夕食。

別に波瀾万丈な毎日を送りたいわけではないし、ようするに生活として安定しているということだから悪いことはないのだが、何となく惰性感がある。

とこんな事を書くと、何か適度な刺激や変化を求めているかのようなのだが、実際にはそうでもない。
このまま淡々と日々がすぎて年を重ねていくのかな、と漠然と感じたりするが、特段不安とか焦燥感があるわけでもない。

実際、新しいことがないかといえばそんなことはなくて、今年は1月から上野の森交響楽団に参加し始めたし、7月からは仕事も変わったりしている。ただ、一昨年からの平河町ライブラリー通いといい、一発ではなくサイクル的にやることが増えていて、スケジュールの遊びというか、隙間というか、次は何をしようか的な余裕あるいは「欲求」がなくなっているような気はしている。

一週間前も、一ヶ月前も、一年前も、同じ1日を送っていたかのような。
だから「固定化」なのだ。

|

« ブランドの生み出す価値 | トップページ | ブラームスの4番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57898383

この記事へのトラックバック一覧です: 生活の固定化:

« ブランドの生み出す価値 | トップページ | ブラームスの4番 »