« iPadを重宝する場面 | トップページ | 引き継ぎと仕事の可視化 »

2013年7月11日 (木)

音楽が好きという事

昨日は会社の壮行会があり、何年かぶりにカラオケに行った。基本的に歌わないので、他の人が歌う様を眺めていたのだが、そこで二つの疑問が浮かんでしまった。

一つは、皆はどうしてこんなに沢山の曲を覚えていて歌えるのだろうか、という疑問。

自分が歌わない理由の一つに「曲を知らない」と言うのがあって、これは言い訳でも何でもなく、本気で「ああこんな歌があるんだな」と聞いているのだが、興味の方向性の違いはあれども、時間は有限なのだから、聞いて歌を覚える上での条件はさほど変わらない筈だ。

考えられるのは、普通の人というのは何度か聞けば歌を覚えられるもので、それができない自分にはそうした歌を覚えたりする根本的な音楽的素養がないんじゃないだろうか、という事だ。
もちろん興味のあるなしはあるとは思うのだが。

そこで二つ目に感じるのは、そうした興味も含めて、本当に自分は音楽が好きなのだろうかという事だ。

カラオケを歌っている面々を見ていると、歌っている歌っていないを問わず一様に楽しそうで、音楽の愉しみに浸っているように見える。そういう感覚が、自分には欠けている気がする。ジャンルの問題ではなく、つまりカラオケではなくオケの練習ですらそのように感じる事があるのだ。

端からはそのように見えないよというツッコミもありそうで、という事はカラオケに興じる人たちも内心は同じかもしれない訳だが、こういう理屈を皆が絶唱している最中に考えてしまったりするのは、本当に音楽を愉しむ心を自分は持っているのかな?なんて事を考えてしまったのだった。

|

« iPadを重宝する場面 | トップページ | 引き継ぎと仕事の可視化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57767063

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽が好きという事:

« iPadを重宝する場面 | トップページ | 引き継ぎと仕事の可視化 »