« 計画を立てる | トップページ | ブランドの生み出す価値 »

2013年7月29日 (月)

立ち戻る場所

土曜日にアンサンブル・オレイユの定期演奏会終了。

怒涛の(でもないか)2週連続本番が終了し、少々ホッとした所だが、来週は別の意味で緊張するイベントがあったりして、あまり気の休まる感じがない。それでも、昨日の午後はのんびりと、大分前に買ったCDのiTunesへのリッピング作業などをすることができた。(CD22枚で348曲もあったが・・・。)

今回のオレイユは、比較的馴染みやすいプログラムだったのだが、練習に何度か参加できなかったり(特に直前週はちょっと痛かった)、さらう時間が取れなかったりして、個人としてはやや不完全燃焼だった。それでもマーラーの10番なんかはとても楽しかったし、全体の響きに気を使う練習にもなったと言えるだろう。それと、何というか自分の弾けなさかげんを思い知ったとでも言おうか。

打ち上げで、トップが「普段の練習はもっぱらレーガーの無伴奏」と話していて、エチュード代わりとしても最適と勧められたのだが、実はそういう「普段の練習メニュー」というのを自分が持っていない事に気づく。自分の調子を整えるためというか、立ち戻る場所というか、そういうメニューだ。

本当はない訳ではない。自分の場合、チェロのバックグラウンドはスズキメソッドにある訳だから、その教則本こそ「戻るべき場所」と言えるだろう。でもそのように認識していないのだ。

それは実はもったいない事かもしれない。

・・・もっとも、そうやって立ち戻る時間があるかどうかといわれればそれはまた別の話だ。昨日の府中の分奏でも、ティル・オイレンシュピーゲルはまだ全然弾けていないし、そうやって「練習しなければならない」曲に追われてしまっているのが現実だからだ。

そうして、明日からは上野の森の次回定期演奏会に向けた練習がスタートするので、またまた読む必要のある譜面が加わるのだった。

|

« 計画を立てる | トップページ | ブランドの生み出す価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57885181

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち戻る場所:

« 計画を立てる | トップページ | ブランドの生み出す価値 »