« 生活の固定化 | トップページ | 日本人って »

2013年8月 1日 (木)

ブラームスの4番

昨日は何やら衝動的に厭世的なエントリーをしてしまったが、何となく今読んでいる「百年法」に影響された気がする。まぁ現実はほおっておいても永遠にはならないので、実はそれほど心配するような事でもない。

で、飛ばしてしまったのだが、火曜日の上野の森の練習の話など。

次回の演奏会のメインはブラームスの交響曲第4番なのだが、ブラ4といえば・・・思い出すのは2年前の用水路落下だろう。何か久しぶりに当時のエントリーを読み返してしまった。今年は第九もあるし、色々とオーバーラップするものが・・・。

そんな訳で2年ぶりに弾いたのだが、覚えているような、忘れているような、いつもそんな微妙な感覚が「やったことのある」曲にはつきまとう。覚えているのに弾けないもどかしさ、逆に目は楽譜を追いかけきれないのに指だけは勝手に回っていく事もある奇妙な感覚。

やった時の感覚を取り戻すにはそれなりに時間はかかるが、ただ本来大切なのはそういったことを忘れて一から楽譜を読み直す事だろうとは思う。傾向として、やったことのある曲は、その記憶に中途半端に影響されて、しっかりと楽譜を読まずに終わる事が少なくない。

まぁ最近は、新曲であっても楽譜をそれほど読まないままに弾けるようになってしまったりして(そういうことはある)、それはそれで問題なのだが。

やったことのあるアドバンテージは確かにあるのだから、それは活かせるようにした方が良い。逆にいえば、最初の頃に「多少弾ける」状態に安心せず、細かいところをきちんと読んでおく必要があるという事だろう。お盆で生活リズムが若干変わるタイミングだから尚更だ。

暑いから練習する気を維持するのも簡単ではないんだけどね・・・。

|

« 生活の固定化 | トップページ | 日本人って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/57904710

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームスの4番:

« 生活の固定化 | トップページ | 日本人って »