« 会議の段取りと仕切り | トップページ | スイッチ »

2013年9月10日 (火)

分解せずに聴く

日曜日の分奏の練習録音を聴いた。なるべく録音をするようにはしているのだが、なかなか聴く機会がない。ただ、楽譜がある程度体に入ってくると、プロの演奏よりも練習録音の方が曲の理解の助けにはなったりする。問題点が耳につくからだ。

正直なところ、録音を聴くとまだ惨憺たる感じがある。

それはさておき、録音を聴きながらふと思ったのは、自分はどれだけ演奏中に周囲の音を聴く事ができているだろうかという事だ。それなりに合わせているつもりなのだが、録音だと一目瞭然にできていない事が分かる。

その時に必要だと思うのは、自パートも含めた個々の音を分解せずに和音として聴けるかどうかだ。特に演奏中はこれができていないように感じる。録音でさえ、無意識に自パートの音だけを拾って聴いてしまっている。楽譜に慣れ、弾けるようになるほどそうした傾向が顕著になるようだ。

必要なのは逆の意識だろう。アンサンブルが成り立つためには、自分の音、自パートの音を全体の響きの中に溶け込ませなければならない。ソリスティックに奏でるような場面はさておき、そうではない場面においては、個々の音に分解せずに全体の響きを捉える必要がある。本当にハモった時には、自分の音は聴こえないのだ。

これが出来ない。

そもそもハモっていないという可能性はさておき、沢山の音が響き渡る中で自分の音や自パートの音を捉えようとしてしまうのは、ある種本能的なものではあるのかもしれない。そうした自己のモニタリングが一方で必要なのも確かだ。が、最終的には「自分の音」という要素を排除して「全体の音」を捉えられなければ、アンサンブルにならない。

何度か書いている気がするが、これは個人の練習では身につかない感覚だ。だからこそ、アンサンブルの練習の中では、意識的にそのように聴いていく事が必要なのだろう。

|

« 会議の段取りと仕切り | トップページ | スイッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/58163937

この記事へのトラックバック一覧です: 分解せずに聴く:

« 会議の段取りと仕切り | トップページ | スイッチ »