« 指揮者の役割、オケの役割 | トップページ | 朝の時間 »

2013年11月27日 (水)

練習計画

上野の森交響楽団での練習はその後の飲み会も含めて考える機会が多い。本当はそれらを府中にフィードバックできれば良いのだが、それはさておき昨日帰り際に話題になったのは練習計画の話だ。

先日上司がこんな話をしていた。「自分にある権限は会議の議題を決める事だけ」
だが、その会議の議題設定により、会社は動いていく。年間の会議予定の中で、どこにどの議題をはめ込むかという計画により、会社の動きは左右されるのだ。

オケにとっての練習計画というのも、実はそういうものではないだろうか。本番でしっかりした演奏をするために、どの時点でどこまでできるようになっているかを設定し、練習回数を制約条件として、必要な練習メニューを考え、実行し、状況を把握し、進捗に応じて組み替える。

数回のリハーサルで仕上げるプロと違い、アマチュアの練習は多くは長丁場だ。数年前からカウントするようにしているが、府中の練習で大体21回から23回程度。1回2時間の練習ですべての曲を練習することはできないので、どの曲にどのような練習をいかに割り振るか、指揮者トレーナーはどうするか、といったことを「本来は」スタート前に考えて計画を作っておかなければならない。

・・・が、実際にはそれが難しい。一つは出席状況が影響するということだ。特に管楽器の影響が大きいが、弦楽器だって半分とフル編成では違ってくる。今エキストラでお邪魔しているオケでは、本番までの出欠予定を予め聞かれたが、そうした事は府中も上野の森もしていない。出欠が把握できていなければ、どの時点で何の曲を練習するという計画も立てようがない。

その辺りの出欠に関する感覚は、毎週定例的に練習するオケではあまり重視されていない感じがする。自分もそうだが、定期的な練習の中で、その時の自分の都合で出欠を決めているからだ。余談だが、そうしたオケでは、おそらく出席率の高い団員が、徐々に運営などのポジションを占めるようになる。

対して一発オケなど、練習自体が不定期なオケはそうではない。そもそも出席できるかどうかで本番に乗れるかどうかが決まってくるという事もあるだろう。定期的に練習するオケではそういう感覚は育まれにくい。

定期的に練習するオケでは、練習が日常化しやすいのだ。それはそれで大切な要素(恒常的に団員不足に悩むアマオケではむしろそこらの方が重要だろう)なのだが、だからこそその中でどのように練習計画を組むかが問われるような気もする。

練習計画をがっちり組むべきという提案は実は府中ではしたことがある。というか、練習計画を組むために演奏委員会をしっかり開催すべしという提案だ。本番の翌週を休みにするのであれば、それをあててでも演奏会の反省と次の計画作りをしたらどうかというのは、悪い考えではないと思っている。

一方で、それは合議ではなく、インスペクターのような権限と責任で決めていくものかもしれないとも思う。負担はかかるが、その方が検証などはしやすいし、意思決定や軌道修正も早い。場合によっては演奏会毎に担当を変えても良い訳だ。

実際のところ、分奏などを入れようと考えると、練習会場の問題も出てくる。府中では現時点で来秋の定期までの練習場所がほぼ決まっていて、これはそうせざるをえない事情によるものだが、曲も指揮者も決まっているので、実際には今の時点から練習計画の検討は可能なのだ。

まぁそんなことを諸々考えながら、一方で仕事でもないのにそこまでシャカリキになってもなぁと考えたりもする。趣味だからこそ力を入れるという考え方もあるが、趣味だからこそ力を抜くという考え方だってあるのだ。

そう考えると、練習計画も「まぁ弾ければ良いや」で良いのかもしれない。何だかグダグダな終わり方ですみません。

|

« 指揮者の役割、オケの役割 | トップページ | 朝の時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/58651827

この記事へのトラックバック一覧です: 練習計画:

« 指揮者の役割、オケの役割 | トップページ | 朝の時間 »