« 楽譜を読む | トップページ | 演奏者の音楽の聴き方 »

2014年1月 8日 (水)

ゆっくりさらう時間

仙川のスターバックス前の交差点は、ほとんどの歩行者が信号を無視して横断しているのだが、今ふとみたら車も赤信号で突っ走って行った。何だか恐ろしい・・・。

そんな話はさておき、昨日は上野の森交響楽団の新年初合奏。気づいたら本番まで1ヶ月程度になっている。

大分弾けるようにはなってきているし、曲的に判りにくいという事もないのだが、一度ゆっくりさらっておいた方が良い気がする。府中やレイディエートも含めて、抱えている曲が結構多くて、じっくり楽譜をさらう時間が取れていない。今週末からは魔笛(オペラ)も加わり、さらに増えるので、土曜日はスキーに行く時間はなさそうだ。

ゆっくりさらうというのは、文字通り遅いテンポでさらう事だ。一通り通すとなれば時間はかかるし、細かく反復する訳でもないのだが、個人的にはこれが一番効果的だと感じている。弾けない所を弾けるようにするためというよりも、弾けると思い込んでいても実は弾けていないとか、あやふやになってなんとなく弾いている所を洗い出して再確認する効果があるからだ。

この週末はそんな練習をすることになりそうだ。三連休だが、日曜月曜には午前午後全て別の練習が予定されている。土曜日にその予習をすべてするのは・・・無理だろうなぁ。最優先は魔笛(まだ手付かず)、次が夏の夜の夢(でも楽譜が手元にない)、春祭(そろそろやばい)、・・・で、レオノーレ、ベト1、ブラ4と考えると、先は長い。


さて、今回上野の森では裏を弾く。プログラム的にディビジョンがそれほどある訳ではないのだが、それでも「下を弾く」というのはちょっと新鮮だったりする。実はそれも密かな楽しみだったりするのだ。

|

« 楽譜を読む | トップページ | 演奏者の音楽の聴き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/58905320

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくりさらう時間:

« 楽譜を読む | トップページ | 演奏者の音楽の聴き方 »