« CSRにおける統合報告の役割 | トップページ | 朝の時間 »

2014年1月17日 (金)

自分の役割

自分の仕事の役割や目的について自問自答するというのは、ある意味幼稚というか、今頃かよという気もするのだが、どうにもその辺りは人と話すほどにぶれやすい気もする。最終的には、自身がどう考える以上に、周囲がどう考えているかだろうとも思うからだ。

もちろんそこで素直に周囲の視点に従う必要はなくて、無視はしないにしても自分には自分としての考えや想いがあっても良いのだろう。その一方で組織の歯車としてどう噛み合せていくかという問題もあり、結局自分のポジションはどうあるべきなのかという問いに戻ってしまう。

現状を自己分析するのであれば、自分には想いが足りない。それはつまるところ受動的であるということだ。取組むテーマに対して、どこか引いているというか、距離を置いている感じは否めない。自覚があるということは、周囲からはなおのことそのように見えるだろう。

自分の役割とポジションは、特定のブランドについて何かをするというよりも、会社の行動原理の中にブランドに対する意識を埋め込んでいく事にある。ただ、それはかなり漠然とした概念的な話で、実際の行動には表しにくい。実際には自分自身が個々のブランドに対してどれだけの想いを込めて行動できるかによって、周囲を巻き込んでいけるかが決まると考える必要がある。

必要がある、という書き方をしてしまうのは、理屈としては理解していても、行動に結びつけるほど腑に落ちていないということだ。まずはその部分で自分自身を腹落ちさせなければならない。その部分が、何というか、苦しい。

ま、腹落ちしていなくても、必要ならやるというのも考え方の一つだが、そういうのは簡単に見透かされてしまう。結局のところ、どれだけ自分から想いを引き出せるかというのが肝で、しかもそれは心底そう想うもので、しかも周囲の期待に沿うものでなければならないということだろう。

・・・こんなことばかり考えているから進まないんだよ。

|

« CSRにおける統合報告の役割 | トップページ | 朝の時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/58959696

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の役割:

« CSRにおける統合報告の役割 | トップページ | 朝の時間 »