« 肩こり | トップページ | 楽譜に反応する筋力 »

2014年4月22日 (火)

iPadの機種変更

朝の電車の中で何通か返したもののブログを書く時間があったら返信しろよという程度にはメールが溜まっているのだが、昨日帰りにソフトバンクショップに寄って色々聞いてきたので、連休中にでもiPadの機種変更をする事にした。(とはいえ最寄りのソフトバンクショップではiPadは扱っていない模様)。

あとはAirにするかminiにするか、容量はどの程度にするかという問題なのだが・・・。

現在のiPadのディスク占有状況はおよそ40GBほどあるので、そのまま考えれば64GB以上が選択肢となり、昔の発想からすれば最大容量の128GBにして音楽を詰め込めるだけ詰め込む・・・という事になるのだが、先日書いたように最新機種を乗り換えていくのであれば、ストレージにはあまりこだわらずクラウドを活用し、端末コストを下げた方が良いという事になる。

正直、iPadにすべての音楽を詰め込んで持ち歩くメリットはあまりない。いや、ない訳ではなく、そもそも今までは出来なかった訳だから、できるようになったことで活用するようになるかもしれないのだが、今の所はその場面を想像できない。

想像できない場面は、多分実際にも発生しない。想像していてさえ発生しない場面は多々あるのだ。

現状の40GBは、正確に確認はしていないが音楽とビデオによる占有がそれなりにあるはずだ。アプリについても、多くはKindleによるもの(のはず)で、これは削ぎ落とす事ができる。であれば、16GBは流石に難しくても、32GBぐらいに抑える事は可能だろう。音楽はiPhone、ビデオは買ったけど使っていないモバイルストレージを使うことにすれば良い。(そもそもビデオはあまり持ち歩くメリットがない。)

そのかわり通信機能は欲しい。Wi-Fiモデルである事の方が、利用上の制約は大きくなる。iPhoneのテザリング機能とセットにすると料金が割引になるそうだが、そこにはそれほど魅力は感じない。大切なのは、単独でもある程度完結する事で、特にクラウドを活用するのであれば、通信部分に制約は設けない方が良いだろう。

迷いが大きいのはAirかminiかという点だろうか。Airの場合、多少は小さくなるにしても、今までのiPadとそれほど利用場面は変わらないだろう。一方miniにすると、これまでとは異なる場面で持ち歩く事が増えるはずだ。それは悪くない。

正直なところ、込み入った作業が必要になってくると、iPadではなくMacBook Airの出番が増え、でもネット環境の都合でiPadも持ち歩いたりということが少なくないのだが(2画面使える便利さというのもある)、そういった意味でもminiの方が都合が良いかもしれない。

そのかわり、画面サイズが小さくなるというのは、これまでiPadでは容易だった事に不便が生じる可能性がある訳で、この辺りは悩みどころではある。

|

« 肩こり | トップページ | 楽譜に反応する筋力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/59510473

この記事へのトラックバック一覧です: iPadの機種変更:

« 肩こり | トップページ | 楽譜に反応する筋力 »