« 仕事のウエイト | トップページ | 次回演奏会の練習計画 »

2014年4月 4日 (金)

分かりやすい説明

昨日はそこそこ遅くまで打ち合わせの資料作成に追われたのだが、改めて「自分の考えを整理するための資料」と「それを他人に説明するための資料」との違いの難しさに直面している。そもそも自分は後者の資料として自分自身が分かって納得できた資料というのにあまり接したことがない。

自分にとって「分かりやすい」というのは、説明が分かりやすいというよりも、提示された発想自体が自分の考えと一致して得心する、という事なのだ。発想自体の波長が合っていない場合には、どのような説明をされても、それは「分かりやすい」という形では響いてこない。だから、分かりやすい発想には膝を打つが、分かりやすい説明というのは、その考え方自体がピンとこない。

だが、そうしたスタンスのままでは、他の人に説明するための資料というのは作れない。そもそも説明というのは、波長の合っていない相手にするものだ。波長が合っていれば、ほとんど説明など必要ないだろう。

そうやって改めて昨日作成した資料を振り返ってみると、自分の考えを並べ立てているが、波長の異なる相手への説明資料になっているかは甚だ疑問だったりする。というか、そもそもの投げかけの趣旨自体が、提示した考えに賛同して一つになって欲しいとかではなく、みなさん一人ひとり考えが異なるかと思いますが、それをまずはぶつけ合いませんかというもので、それ自体がすでに相手の意識とずれてしまっているんじゃないかと思わなくもないんだな。

|

« 仕事のウエイト | トップページ | 次回演奏会の練習計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/59408525

この記事へのトラックバック一覧です: 分かりやすい説明:

« 仕事のウエイト | トップページ | 次回演奏会の練習計画 »