« 練習時間と場所の確保 | トップページ | 仕事のウエイト »

2014年4月 2日 (水)

ボウイングとフィンガリング

昨日は久しぶりに上野の森交響楽団の練習に出席。前回の本番が終わってから結構経つのだが、これまでにわずか2回の出席で、ずいぶんと休んだ感じがする。楽譜が新鮮な感じだ。

練習では、弓を使いすぎているという指摘と、フィンガリングを早く決めるようにという指示を受ける。弓の使いすぎというのは、アマチュアに良く見られる傾向だそうだ。自分の技量を超えた弓幅を使う事で、結果として発音の精度が下がるというのは、やってみると確かにその通りなのだが、音量を大きくするためという思い込みや、我を忘れて弓を振り回す癖などは、なかなか抜けない。

弓を使う幅をコンパクトにするのが目的というよりも、最適な発音をするための自分にとっての適切な弓の量はどれぐらいかを冷静に見極めろというのが本質的な話なのだろう。

フィンガリングに関しては、なかなか考える時間がない。しかも最近は散々考えてもその通りには指が回らず、結果として全く違うフィンガリングをしてしまうことも多い。先日トラで行ったオーケストラで、楽譜にたくさん指番号が書いてあるけど大丈夫かとトップに心配されたのだが、そもそもその辺りは自分の場合あまり気にならないのだ。

もっとも、臨時記号が増えてくると、事前に最適解をはじき出しておくことは必須になる。正直なところ、府中の方でもその辺りが追いついていないのだが、そればかりはどこかで個人練習を入れないことにはどうにもならないんだよなぁ・・・。

|

« 練習時間と場所の確保 | トップページ | 仕事のウエイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/59396599

この記事へのトラックバック一覧です: ボウイングとフィンガリング:

« 練習時間と場所の確保 | トップページ | 仕事のウエイト »