« スケルツォの捉え方 | トップページ | アンサンブルの中で練習する »

2014年8月 8日 (金)

楽譜への執拗さ

今朝通勤中にBluetoothヘッドフォンのバッテリーが切れてしまった。こうなるとどうしようもない。最近ちょっとバッテリーの減りが早くなってきたのではないかという気がする。

昨日はマーラーのパート譜のドイツ語の指示に訳をつけていた。ネットで検索すればそうした情報があっさり手に入るのが助かる。何カ所かなかったりするのは版の違いということになるだろうか。

それにしても、「いくぶん」とか「気づかれないように」とか、微妙な指示が多い。気づかれないようにテンポを戻すとか、どうしろと(笑)
ただ、そうした指示のニュアンスを意識して弾くのと、考えずに指揮者について弾くのとでは全然演奏は異なってくる・・・筈だ。

とりあえずそうした指示を書き込んで、その後練習録音を聴きながら反芻・・・と思ったのだが、思った以上のボリュームで、書き込みだけで力尽きてしまった。そんな訳でそれは今日以降の課題だったのだが、今は聴くことができない・・・。

こうして楽譜のチェックをしていると、ふとTオケの楽譜を思い出したりする。交響曲FFTは、チェロについてはそれ程難易度が高いわけではないのだが(何カ所かいやらしい所はある)、その分楽譜の指示を細かく読み分ける余裕があった。デジタルで作られているので、その辺りは意識して(そして割り切って)弾き分けようと指示をしていたのだが、同じような細かさというか、楽譜に対する執拗さが、マーラーのこの楽譜にも求められる気がする。(余裕はないけど。)

本来は、どんな曲であれそうした事は求められているものなので、殊更マーラーだけという訳ではないのだが、細かく書かれた指示を読んでいると、そんな気になってくるのだ。(指示の内容は曖昧だけど。)

次回の練習は第3、第5楽章の分奏。第5楽章は比較的シンプルで、いかに反復練習をするかでおおよそ決まってくる感じだが、第3楽章は昨日書いたような雰囲気を出すのが難しい。はまった時は一番楽しい曲のような気がしているが、はまらせるのが難しいのだ。

|

« スケルツォの捉え方 | トップページ | アンサンブルの中で練習する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/60115925

この記事へのトラックバック一覧です: 楽譜への執拗さ:

« スケルツォの捉え方 | トップページ | アンサンブルの中で練習する »