« 音楽のイメージ | トップページ | マーラーが室内楽である事 »

2014年9月30日 (火)

イメージトレーニング

今日はU響の練習。出張やら風邪やらでしばらく出席していなかったので、ずいぶん久しぶりの感じがする。楽器を持って通勤すること自体が久しぶりだ。

欠席が続けばそれだけさらっていないという事になる訳で、今日の練習はややドキドキする。先日のF響の練習の時に指揮者が「シューマンはやらないのか」と言い出し、マーラーの後にシューマンをやると見えてくる世界があるような話をしていたのだが、たまたまというかU響はシューマンで、とはいえ何か見えたかといえばまだそれ程練習はしていないというのが実情ではある。

この週末は単発でブラームスの2番を弾くのだが、これまたマーラーの練習の時にブラームスの2番との類似性を話していたことがあって、それ自体は偶然でも、そうした偶然をいかに活かすかは自分次第という事だろう。

そんな訳でマーラーの5番であるが、昨日のエントリーと似たような事を、練習録音を聴きながらTweetしていた(もう少し集中して聴けよ)。

何というか、練習録音を聴いていて恐ろしいのは、最初の頃とあまり変わっていないような気がすることだ。いや気のせいだと思いたいけれども。
送信 9月29日 20:27 From Hootsuite

弾けていないというよりも、その音を聴いた時に自分の中にどう音を出そうとしているかのイメージが湧いてこないという状況が変わっていないということ。それはつまり楽譜を見ながら反射的に弾いているだけって事なんだよ。
送信 9月29日 20:29 From Hootsuite

実際にはそうして自分の音をイメージしながら、耳では他のパートを意識的に聴き分けて、録音から聞こえてくるパートの音をイメージの中で修整出来なければならない。そういう聴き分けが出来ていない焦燥感が(今回は)あるなぁ。
送信 9月29日 20:33 From Hootsuite

実際には3つ目のTweetのような事がいつも出来る訳ではないのだが、複雑で難しい曲程聴く/弾く回数が増えるので、そうした事が出来るようになりやすい。それがいまだそうした状態にならないのは、それだけ難しいという事なのか、単に聴く/弾く回数が不足しているのか・・・。

おそらく後者だろうと思うのは、多くの曲ではそうした箇所というのはそれ程多くないのだが、今回は練習中にやたらと「さらっておいて」「練習ポイント」といった指摘が多いのだ。ようは出来ていないわけだが、それだけ練習の必要な箇所が多いというのは、単純に量の問題でその分時間を増やさなければ、いつものような練習量を確保出来ないという事になる。

何やら仕事が増えたらその分残業を増やして必死に対応するみたいで何とも言い難いのだが、コンマスからは「弾けるようになるには弾けるまで練習する事です」との指示も下り、うわあ・・・とは思いつつも代替案がある訳でもなく、あとは昨日書いたようなイメージトレーニングを増やすぐらいしかないのだった。

|

« 音楽のイメージ | トップページ | マーラーが室内楽である事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/60397827

この記事へのトラックバック一覧です: イメージトレーニング:

« 音楽のイメージ | トップページ | マーラーが室内楽である事 »