« 忘却 | トップページ | iPad miniと通信環境 »

2014年10月30日 (木)

赤信号

仙川のスターバックスは交差点に面しているので、朝食を食べながらぼんやりと眺めていると、想像以上に多くの歩行者が赤信号を無視して渡っているのが目に入る。赤に「なった」のをチラリと確認してから堂々と渡り始め、車にクラクションを鳴らされてもそれほど急ぐでもなく渡りきる猛者までいる。

信号を守る守らないについては、過去何度か書いているのだが、そうして改めて考えると、日本人はすでに信号を守らなくなっているんじゃなかろうかと思わなくもない。いやもちろん守っている人はいるのだが、そうした人たちが目立つようになったら、それはすなわち守らない人が多数占めるようになったという事でもある。

そもそも彼らは「車が来ないから」渡っているのではない。隣には信号待ちの車がいたりするからだ。何も考えていないのか、それでも車が配慮すると考えているのか、その様子からは何とも読み取れないが、よくある「赤信号車が来なければ渡る自己判断の大切さ」論とはかけ離れた判断(というか惰性)があるような気がする。

こんな道を車で通るのは大変だろうなぁ。渡っている人の多くは(少なくとも子供でない人たちは)免許を持っているのではないかと思うのだが、そういうドライバーの事が考えられないなら、片っ端から免停にしてやればいいんだよ。

|

« 忘却 | トップページ | iPad miniと通信環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/60566195

この記事へのトラックバック一覧です: 赤信号:

« 忘却 | トップページ | iPad miniと通信環境 »