« リズムとは端折る事 | トップページ | 淡々と練習を重ねるリスク »

2014年10月 9日 (木)

カーボン弓とサイレントチェロ

先週のKオケの練習の後、流石に週2回(U響とKオケ)楽器を持って出勤は厳しいという事で、当面会社に楽器を置いておけるKオケに関してはサイレントチェロにさせてもらう事にした。

ただ、置きっ放しとなると、弓がない。弓自体は2本持っているのだが、これは練習により使い分けているので、手許に(というかノーマルチェロと一緒に)持っておきたい。

という訳で、以前から興味のあったカーボン弓を1本購入してみた。サイレントチェロとセットでYAMAHA・・・はちょっと高かったので、今回は別の弓を購入。昨日届いたので、早速弾いてみた。

手にした感じは木製よりもかなり硬い感じがあるのだが、弾いた感じは・・・よく分からない。そもそもサイレントチェロ自体がノーマルの木製チェロとは少し違う感覚なので、弓の違いがどの程度の違いなのかが判別しにくいのだ。
(と思っているが、ノーマルでも違いが分からない可能性もある。)

サイレントチェロはあくまで練習用として使用しているものだが、感覚としては普段のチェロよりも疲れる。推測だが、それはインプットとアウトプットのバランスが異なるからだ。

どういう事かというと、この程度力を込めればこの程度の音が出るという感覚に食い違いを感じるため、余計な力が入ってしまうのではないかという事だ。そもそもデジタルに音を出すサイレントチェロは、特に音量の感覚は普通の楽器とはかなり異なる。

以前は全く出力せずに、音が出ない状態で練習する事が多かったのだが、最近はスピーカーに繋いである程度音をモニタリングしながら練習している。そうやって音を気にするようになると、音量や音色をどうしたいかという事を無意識に考えるようになり、それが思ったように出ないストレスが、余計な力につながる・・・そんな事ではないかと想像している。

これまでは個人の練習でしか使っていなかったのだが、今回はアンサンブルの中での使用だ。これはこれでストレスがありそうな、発見がありそうな、そんな楽しみが増えたと考えている。

カーボン弓の話というより、サイレントチェロの話になってしまった。カーボン弓は正直ノーマル楽器で試してみないと分からないかもなぁ・・・。

|

« リズムとは端折る事 | トップページ | 淡々と練習を重ねるリスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/60447579

この記事へのトラックバック一覧です: カーボン弓とサイレントチェロ:

« リズムとは端折る事 | トップページ | 淡々と練習を重ねるリスク »