« 淡々と練習を重ねるリスク | トップページ | 断捨離 »

2014年10月14日 (火)

アウトプットの時間

今更ながらに気がついたのだが、家ではほとんどアウトプットをしない。ブログはもちろん書かないし、Tweetもほとんどなし。メールも必要最小限で、通信教育のレポートまで自宅では書けていない。

変な話だが、そうしたことをするには、外出する必要がある。カフェでもなんでも、それほど場所は選ばないのだが、自宅だけは唯一アウトプットをする気にならないらしい。

で、職場が仙川に移ってから、外で何かをする機会が減っている。朝の時間だけは変わらず確保できているが(それも渋谷の頃よりは減ったがそれは場所ではなく仕事のせい)、昼休みや夜に確保する時間がなくなったことで、全体に作業時間が減っている。それは時間確保の問題だけでなく(時間だけなら通勤時間が減った分増えている)、気分確保の問題だ。

そういうモチベーションというか、やる気というのは、行動の際の動機付けとしてどのように考えるべきだろうか。モチベーションを高めるような仕掛けを考えるのが良いのか、そんなものがなくても動けるような仕組みにするのが良いのか。

個人的に、会社におけるマネジメントの基本は後者だと思っていた。ただ、これはいわゆるマネジャーとワーカーを峻別する考え方で、あまり日本的ではないだろう。

一方、個人のレベルでは、前者が重要な気がしている。言ってしまえばモチベーションというのは「自分自身でなんとかする」ものだ。自分に対してそれを最大限高めるような工夫は必要だが、他人に対してそれを仕掛けたり、あるいは与えて欲しいと思うのは、どこか違うような気がしなくもない。

まぁそんな話はさておき、アウトプットのための時間が不足しているのは事実で、結果として諸々に不都合が出てきている。ちょっとなんとかしなければ。

|

« 淡々と練習を重ねるリスク | トップページ | 断捨離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/60475750

この記事へのトラックバック一覧です: アウトプットの時間:

« 淡々と練習を重ねるリスク | トップページ | 断捨離 »