« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月28日 (金)

ドミナントのファーストインプレッション

昨日もスタンドワーク。「地獄」という感じはしないのだが、疲れてくると集中力とモチベーションが低下する。集中力を高めるためのスタンドワークなのに、本末転倒であるが、その辺りは慣れだと思って続けるしかあるまい。

さて、今日はKオケの初本番ということなのだが、それはさておき、張り替えたドミナントの今の時点でのレビューをメモしておく。ちなみにまだ安定していないと思うのだが、発音の感じは金属音のようなものが残っている。

音色に慣れていない事からくるものなのか、そのあたりがはっきりしないのだが、音程と発音のコントロールがかなりシビアな気がする。当たった時と当たらない時の落差が激しい。音程を外したことがやたらシビアに聞こえるというか、やってしまった感が音に表れるというか、とにかく細心の注意を払って一音一音弾く事が要求される感じがある。

じゃあそれまでは気にしていなかったのかよと言われると面目ないのだが、もう少し「カバーしてもらえていた」気がするのだ。そういう要素が今の所ほとんど感じられない。とにかくちょっとの気の緩みがシビアに音に表れるので、正直に言えば楽ではない。

一方で、これを日常にできればかなり鍛えられるような気もする。自分の技量を見つめ直す良い機会なのかもしれない。

それから、音量は出ない。少なくとも主観的には出ない。弦が柔らかいために、どんなに押し付けても限界がある。本来、弦楽器は圧力を高めても音が大きくなるというものではなく、そもそもの最大音量には限界がある。弦楽器のダイナミクスはその「自然に出る最大音量」から、音を小さくする方向で組み立てるものなのだが、特にオケの爆音の中で弾いていたりすると、必要以上の圧力をかけて「大きな音を出している気分」を求めやすい。

その気分に明らかなNoを突きつけられる。とにかく主観としては音量が出ない。「そんなに押し付けたって音は出ないんだよこの間抜け野郎」とか言われているような感じで、音が伸びていかない。そもそもの圧のかけ方に微妙な力加減が要求されるというか、音が伸びる領域での圧力というのを細かくコントロールする必要がある。

まぁこれも考え方で、そうした本来の弾き方を身につけよという天の導きかもしれない。しかしそうなると、オケの中で練習するのが本当に良いのかという気にはなってくるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

やる事なす事理由を考える

昨日は立って仕事をしてみた・・・いや、おかげで体調は悪化したような気もするが。

これは実感する。いや机の高さの話。調整できそうな机を見つけてやってみるかな・・・職場で。 / “hoxaigraphics |” htn.to/qPzf1o
送信 11月26日 7:55 From Hatena

きっかけはこちら。

スタンディングデスクを半年間続けて気がついた7つのこと。
http://hoxai.com/archives/2432

幸いにしてというか今のオフィスにはそういった事が出来るスペースがある。本来はちょっとした打ち合わせや、集中したい時に使うスペースなのだが、あまり使われているのを見たことがないので、1日居座ってもそれほど問題はあるまい。

で、昨日1日試してみたのだが、確かに最初は体がきついが、仕事ははかどった様な気がする。いや気がするってなんだ。

先のブログのエントリーには7つのこととして以下のように紹介されている。

1.立って仕事をし始めると、最初の3日は地獄。
2.机の高さ、1センチ単位で全然疲れ方が変わってくる。
3.筋肉がつく。

続きはリンク先を見てもらう事にして、改めてふと思ったことがある。

何かを始める時にその理由や目的を整理したり、何かを始めた後でそのメリットやデメリットを整理したりといった事を「自然に行える」癖が自分にはついているだろうか。

仕事ではもちろんそうした事を考える(ようにしている)。それは他人に説明したりする必要があるからだ。ただ、そうしたものは「する必要がある」からしている事なので、時として無理矢理な理屈になってしまう事も少なくない。

もっと、呼吸をするかのように、こうした事を自然に考えるような癖をつければ、その辺りも変わってくるのではないだろうか。

昨日立って仕事をする事にしたのは、正直に言って「何となく」だった。それはそれで否定しないが、その時に何故やるのか、何のためにやるのかをちょっとでも整理しておけば、しばらくして振り返った時に効果や自分にとっての有益性なども考えやすい。

四六時中やることなすことそんな事を考えていたら疲れてしまう・・・かもしれないが、だからこそ習慣化して癖にしてしまう事が重要なのだ。意識的にやれば疲れるが、無意識に漠然とそうした事を考えられるようになれば、それは色々な場面で跳ね返ってくるだろう・・・メリットとして。

考えてみると、このブログの過去のエントリーには「整理されている」とは言い難いが、そうした目的や結果を書き連ねているようなものもある。そうした事をしていない訳ではないのだ(今は大分していないが)。後はちょっとした心掛けというか、赴くままに書くのではなく、箇条書きにするなり、多少とも整理するような書き方をすれば良いのかもしれない。

重要なのは、整理する事そのものよりも、それを習慣化し、癖としてしまう事だ。クオリティの問題はその後考えれば良い事で、そもそも多くの場合そうした習慣はクオリティに上乗せされていく。


さて、では自分にとっての「立って仕事をする」目的は何だろうか。

1.体力(筋力)を維持する(せめて1日立っていられる程度の体力は欲しい)
2.仕事への集中力を高める(より具体的には一つのタスクにかかる時間を短縮する)
3.通りがかりの人から注目される(それをコミュニケーションのきっかけにする)

こんな所だろうか。何だか構えすぎで、こういうのはなかなか続きにくい気がする。実際にはもっと肩の力が抜けた感じの整理ができるようになった時が、癖になっていると言える状態だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

体調不良

体調が・・・よろしくない。昨日のU響の練習は、練習には行ったのだが終了後の飲み会はキャンセル。そこそこ帰るのには時間はかかったが、それでもさっさと寝た。が、あまり回復した感じがない。

微熱状態が続くというか、動くのが辛くなるほどの症状にはならないところが微妙で、休んだからといって回復しそうにもなかったりする。「風邪をひいた」とか「熱が出た」とかではなく、「なんとなく体調が悪い」という状態なのだ。仕事で特に追い込まれている訳でもないので、精神的にどうこうというものでもない。

こういう状態が、ある意味一番タチが悪い。ちなみに明確な不調でもないので薬を飲んでもほとんど効かない。単に体力が(自覚が薄いままに)低下しているという事なのかもしれない。

そんな状態でも予定は容赦なく入っている。今週は仕事よりもそれ以外が立て込んでいて、Kオケの本番があるのだが、その段取りが微妙に組み立てられていない。前例がない演奏会なので、ある意味手探りで臨機応変に対応するしかないのだが、それでも何の段取りもしないというのはよろしくない。

あああ、ダラダラとどうでも良いことを書き連ねてしまった。テンションが下がっている時ってこんな感じなんだよなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

ドミナントに張り替える

今週は昨日月曜日、今日火曜日、明後日木曜日、さらに金曜日と楽器を背負って会社に行く羽目になってしまった。うっかりしていたのは昨日置いて帰ればよかったという話で、木曜日は流石にそうしよう。

さて、先週チューニング中に切れてしまった弦を張り替えた。切れたのは久しぶりで、以前ほどマメに張り替えをしていないので、前回何時だったかは忘れてしまったのだが、それなりに酷使をしていたのかもしれない。

張り替える弦については、ここしばらくはダダリオのヘリコアを使用していたのだが、今回はトマスティークのドミナントにしてみた。以前からナイロン弦には興味があったからだ。多分使ったことは・・・ないはず。ヘリコアもかなり柔らかめの弦なのだが、そうは言ってもスチール弦。ナイロン弦であるドミナントはさらに柔らかい。

柔らかいのだが・・・今のところはちょっと金属音がする。そういう特性なのか、馴染んだら変わってくるのかはまだ分からないのだが、やや聞きなれない響きで、発音や音程のコントロールに少々手こずっている。新品という事もあってちょっと触れただけでも響きやすく、おまけに柔らかいので、D線やG線を弾く際に隣の弦への接触を避けようとすると圧力のコントロールが難しい(隣の弦を弾いてしまうのは単なる下手とも言うが)。

叩きつけるような弾き方というか、抉るような圧力のかけ方には向いておらず、あくまでも軽めに弾くのが良いという感じで、そうしたコントロールは小さな音量の弓使いのレベルを高める上では重要なので、しばらくはそうした意識を持って弾いていくのが良いだろう。後は寿命の問題だろうか。

やや気になるのは金曜日にはKオケの本番があるということで、それまでに安定してくれるのか、慣れる程度に弾き込めるかという問題。まぁ(本番の性格として)それほどこだわるものでもないのだが、ストレスを感じながら弾くのは面白くない。冷静に考えれば、1週間で馴染ませるのは簡単ではないのだが、幸い今日と木曜に弾ける機会がある。

後は頭と喉が痛いという体調の問題かなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

思考習慣

今週も振り返ってみると朝が立て込んでいたのか、ブログを書けていない。時間が不規則になっているというか、朝の時間の確保にそれほどこだわらなくなっているのか・・・ま、単に書きたいネタが思い浮かばなかったからという考え方もある。

ネタが(思い浮かば)ないというのは、実はあまり良い話ではない。そんなネタでダラダラと書いてしまうのも問題だが、最近文章になるような思考をしていない気がするのだ。感じて終わりとか、とにかく散文的である事が多い。思考力が落ちているというか、思考習慣が薄れているというか。

以前にも書いた気がするが、Twitterやはてなブックマークというのは、その場で発散する事が出来る利点と、発散しただけで終わる欠点がある。再度拾い上げてブログのネタにすることもあるが、そうなりきらない事も少なくない。

大体こんな事を書いている時点でどうかしている。もうちょっとなんとかしろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

速度を上げるトレーニング

ここしばらく仕事の都合で出席できていなかったのだが、今日はU響の練習。シューマンの練習を再開する。

まだ練習参加が少なくて全体像がつかめていないためか、シューマンの印象は漠然としている。マーラーのように楽譜についていけないという事はないのだが、気になるのは最終的な速度についていけるかどうかだ。昨日書いたように、そういう部分というのは地力に影響される要素が大きくて、楽譜への習熟度では解決できない。

自分で言うのも何だが、それなりに地力はあるので楽譜をそれほどさらわなくてもできてしまったりする部分がある反面、その地力を上回ることを要求された時に、地力を底上げする力がないのだ。

とりあえずは昨日書いたようにスケールから取り組むしかないのだが、問題は速度の問題にどう取り組むかだろう。大体においてスケールはゆったりとしたテンポで行うパターンが多い。バリエーションの中には音符を細かくしていくものもあるが、それでもシューマンが要求しているテンポには程遠い。といってそこまでテンポを上げた練習に基礎練習としての意味があるのかという疑問もある。

速いパッセージを弾けるようになるための基礎的なトレーニングというのはどういうものなのだろう。ある一定以上は身体の動きをパターン化させて考えなくても指が回るようにしなければならず、脳で認識してから動かすのでは間に合わないというのは想像できるのだが、その際に必要なパターンと、そもそも運動能力としてそれが可能になるのかどうかが分からないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

基礎練習

今日は会社的には有給をとったので平河町ライブラリーに久しぶりにこもる予定なのだが、では何をやるかといえば仕事というのが少々寂しい所。もっとも、そうでなければドライブでもしたかった天気ではある。

F響のマーラー5番はなんとか終わった。弾けないところは多々で、個人的には敗北感もあるのだが、あれを弾けるようにするのであれば、何か根本的な所を見直さなければいけないのではないかという気がする。そもそもの地力の問題で、習熟度の問題ではないような気がするからだ。

スケールとアルペジオとハイポジションとダブルストップ。特に前の2つが重要だろう。スケールは今回少し力を入れたが、マイナースケールはできていないし、音程をとった程度でリズムや奏法のバリエーションなどにも手を出せていない。アルペジオの練習はもちろんしていない。

こうした基礎練習は、何度か取り組もうとしているが、その都度挫折している。目の前の楽譜をどうしても優先してしまうからだ。毎回ちょっとだけやる方法はあるが、どうしても同じパターンになってしまう。それに毎日練習するならともかく、たまの練習ではなかなか身につかない実感がある。

まぁ最初から諦めてしまっては身につくものも身につかないし、それではレベルアップは望めないだろう。時間の確保で諦めるよりも、少しの時間をどう使うかを考えた方が現実的だ。同じパターンになってしまっても、そこからバリエーションを広げていくしかない。

今回ちょっとショックだったのは、第5楽章が「バロック的」と指揮者に言われ、それを徐々に実感しつつも弾けるようにならなかった事だ。バロックの通奏低音が好きな身としては、これはちょっといただけない。ま、現実問題としてバロックの曲は最近弾いていない気がするし、例えばブランデンブルグや管組などを今パッと弾けるかといえば心許ないのだけれど、技術的なバックボーンとして、その領域にはある程度しっかりしたものを持っておきたい。音楽の解釈とかの話ではなく、技術的な保証として。

そういった意味では特殊な奏法にはそれほど興味がないわけで、基礎的な部分をしっかり固めておきたいのだ。

次回のF響は、エルガーの威風堂々とチェロ協奏曲、ドヴォルザークの新世界である。そういった意味では譜読みにはそれほど苦労しないので(チェロ協奏曲は未知だが)、地力を鍛える様な練習をしっかりしていけると良いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

iPad miniでメモを取る

昨日はセミナーに出席したのだが、久しぶりにメモにiPad miniを使ってみた。いやiPad miniとしては初めてだが、iPad利用の頃には良くやっていた事だ。

手書きより早いとはやや言い難いのだが、前後を整理しながらメモをする事も可能なので、結果としてその後のまとめが早くなる。手書きのメモであれば、後で読み直しながら打ち直して電子化し、まとめをする必要があるが、iPad miniなら帰りの電車で読み返して手直しをすればほぼ終了。改めて感じたが、これは早い。

「作業を変える」という程度の話だが、こうした事はもっと積極的に進めていくべきなのだろう。対面で話しながらiPad miniでメモを取るというのはさすがにちょっと失礼な感じもするが、セミナーや会議であればある程度は問題ない。今後少し意識してみることにする。(もっともiPad miniは個人所有のデバイスなので、実際に使えるのはセミナー程度で、会議ではPCを使う事になる。そうなるとまたちょっと違ってくるかもしれない。)

昨日は最初はソフトウェアキーボードを使っていたのだが、途中から外付けのキーボードに切り替えた。長時間となるとソフトウェアキーボードでは少々辛くなってくる。一方で外付けのキーボードはどうしてもスペースを取ってしまうので、使える場面を選ぶのがやや難点だ。できる限りソフトウェアキーボードに慣れていった方が良いような気もする。

手書きは・・・気合を入れてタッチペンを購入した割には使いこなせていない。思ったよりも書き味がイマイチというか、思ったように反応しないストレスがある。結局iPad miniにバンドで留めるような形でモレスキンのカイエを持ち歩いている(カイエを利用しているのは、後々スキャンする際のページ数としてこれぐらいが限界だからだ)。万年筆を手放せないし、全く筆記具を持ち歩かない訳にもいかないとなると、結局この辺りが妥協点かもしれない。
(とはいえ一応タッチペンも持ち歩いている。)

こうやっているとiPad miniの利用は手放せない一方でそれほど幅が広くない。幅が広がらない事が以前iPadを手放した理由だと考えると、もう少し他の事にも利用していくような工夫が必要かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

オフィスの位置付けを変える

一昨日は午後から外出し、そのまま平河町ライブラリーで10時半頃まで議事録書き。
昨日は帰りにタリーズに寄ってレポート書き。

そんな感じで社外での作業が続くと、作業場としてのオフィスの役割って何だろうか、という気になってくる。実際、平河町ライブラリーやカフェの方が、作業によってははかどるものもあるのだ。

ただ、この件に関して答えはある程度明白で、オフィスは個人として作業する場ではなく、複数人で何かをしたりするための場であるという事だ。言い換えれば、そうした事のためにオフィスという空間はあるのであって、快適に作業をしたいだけなら、別にオフィスにこだわる必要はないだろう。

ちょっと厄介なのは、そのようにオフィスの目的を設定した場合、オフィスにいる理由は「他人を捕まえて巻き込むため」ではなく、「他人に捕まって巻き込まれるため」になるという事だろうか。

誰かに協力を依頼したい時に、重要なのは自分の場所ではなく、その相手がどこにいるかという「相手の居場所」だ。オフィスにある席というのは、その住所としての役割を持っている。逆に考えれば、自分の席というその住所は、自分のためではなくて、自分に協力を求めたい誰かにとって意味がある場所という事だ。

フリーアドレスの考えが厄介なのは、自分にとっての居場所が定まらない以上に、相手にとって自分を探すための場所が定まらないという点にある。見渡せる程度のフロアであれば良いが、そうでない場合は「相手を探す」「自分を探してもらう」コストが大きく跳ね上がってしまう。

そうなると仕事の進め方自体も大きく変えなければならなくなってくる。一つは互いの場所にこだわらないコミュニケーションの量を増やすという事。もう一つは、何事も事前にアポを取って動くようにする事だ。前者は要するにメールやSNS等でという事になるが、後者は慣れるまでに時間がかかるし、正直なところ面倒だ。さらにこれらは自分だけでなく相手側にもそうした姿勢が必要になるので、全社的に進める必要が出てくる。

なるほどそうなってくると、昨日書いたようなランチのアポというような話も、そうした習慣の一環として考え、意識的に仕掛けていくことが必要になってくるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

ランチの時間を使うという事

スターバックスはサードプレイスを提供するのがブランドの使命なのだから、やはり利用する側としてもテイクアウトではなく店内を利用しなければ・・・という話はさておき、スタバもブログもやや久しぶりな感じである。スタバに寄らずに朝1時間程早く出社したからといって出来る事は・・・意外とあるが、気持ち的な余裕という意味では失っているものもあるような気がする。

さて、先週見かけてちょっと気になっていた事を今朝ようやくTweetした。

「同じ会社の人で普段は接点がない人に、「ランチを一緒にしてください」とお願いして、断られることはまずありません。」ランチをそのように利用しようとした事はあるが同じ会社でアポをとる発想はなかった。 / “足立光の『負けない日本人』 …” htn.to/TRz7QEG
送信 11月11日 6:10 From Hatena

自分にとってランチはある意味気持ちの切り替えの時間なので、どちらかといえば人と食べるということも少なく、自分だけの時間として過ごす事の方が多いのだが、それでもちょっと話をしたい人を「見かけたら」近寄っていくとか、探してみる事はある。

ただ、同じ会社の相手に積極的に(というか、事前に)アポを取る発想はなかった。なるほど、パワーランチとはある意味そういうものかもしれない。会社の食堂は基本的にはローテーションをしなければ席が足りなくなるので、実際にやるとなると(食事時間帯が異なる相手との時間調整も含めて)微妙なのではあるが、こういった発想は持っておく必要があるかもしれない。

もっとも、ランチ時間以外にアポを取れば良いと言われればそれもその通りで、ランチ時間をある意味仕事として相手に強いるのもやや気になるところ。実際断るケースはほとんど無いだろうが、それがポジティブかどうかは別の話で、ポジティブにするにはこちら側がどれだけ相手に提供できるかにかかっている。その場合、こちらで設定したテーマでは相手にとっては一方的な話になりやすいので、そういったものもお互い様とする会社的な風土のようなものも必要だろう。(もちろん配慮的な気遣いは大前提だが。)

そんなこんなでランチしたい相手って誰だろうかと考えてみたのだが、意外に思い浮かばない。いや食べたい相手はいるけれどもアジェンダが設定できない。先に書いたように仕事上必要なアジェンダはランチ以外で解決すれば良いことだし、ランチでなければいけないような話題が思い浮かばない。

まぁそれが能動性に欠けると言われればその通りと頭を垂れるしかないのだが、ランチの時間に仕事を持ち込むのは、つまり1日8時間の間に挟む1時間の休憩を無くして見かけ上の残業はないままに労働時間を9時間に増やす事だと考えれば、時間管理の労働者(自分は管理職なのですでに違うが)にとっては、これはこれでややブラックな話になるうるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

スタイラスペン

iPad miniはあるのだが、今日はMacBook Airでブログを書いていたりする・・・。

今週は朝の時間を仕事に振り分けざるを得ず、朝食も慌ただしければ、ブログも書けないという有り様だった。今日はようやく一段落・・・でもないが、朝の時間は確保できたので、F響の定期演奏会の実施要綱を完成させて関係者に配信する。

さて、iPad miniなのだが・・・、

メモとノートパッドを携帯するためにこれを購入したのだが、結局いまいちハンドリングが悪いため、あっさり使わなくなってしまった。

http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/200-PDA145

我ながら何だかな〜と思わなくないが、代わりにこちらを購入して、考え事は直接手書きするスタイルに変更する・・・まだ実践できてないが。

https://www.evernote.com/market/feature/stylus-jp?sku=STYL001001

以前から関心はあったのだが、たまたま店頭で見つけたためその場で購入。事前に書き味の確認などが出来ないのがやや躊躇する部分ではある。

そうこう書いているうちに実施要綱の間違いの指摘が・・・直して再送信して、会社に行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »