« 基礎練習 | トップページ | 思考習慣 »

2014年11月18日 (火)

速度を上げるトレーニング

ここしばらく仕事の都合で出席できていなかったのだが、今日はU響の練習。シューマンの練習を再開する。

まだ練習参加が少なくて全体像がつかめていないためか、シューマンの印象は漠然としている。マーラーのように楽譜についていけないという事はないのだが、気になるのは最終的な速度についていけるかどうかだ。昨日書いたように、そういう部分というのは地力に影響される要素が大きくて、楽譜への習熟度では解決できない。

自分で言うのも何だが、それなりに地力はあるので楽譜をそれほどさらわなくてもできてしまったりする部分がある反面、その地力を上回ることを要求された時に、地力を底上げする力がないのだ。

とりあえずは昨日書いたようにスケールから取り組むしかないのだが、問題は速度の問題にどう取り組むかだろう。大体においてスケールはゆったりとしたテンポで行うパターンが多い。バリエーションの中には音符を細かくしていくものもあるが、それでもシューマンが要求しているテンポには程遠い。といってそこまでテンポを上げた練習に基礎練習としての意味があるのかという疑問もある。

速いパッセージを弾けるようになるための基礎的なトレーニングというのはどういうものなのだろう。ある一定以上は身体の動きをパターン化させて考えなくても指が回るようにしなければならず、脳で認識してから動かすのでは間に合わないというのは想像できるのだが、その際に必要なパターンと、そもそも運動能力としてそれが可能になるのかどうかが分からないのだ。

|

« 基礎練習 | トップページ | 思考習慣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/60671652

この記事へのトラックバック一覧です: 速度を上げるトレーニング:

« 基礎練習 | トップページ | 思考習慣 »