« 体調不良 | トップページ | ドミナントのファーストインプレッション »

2014年11月27日 (木)

やる事なす事理由を考える

昨日は立って仕事をしてみた・・・いや、おかげで体調は悪化したような気もするが。

これは実感する。いや机の高さの話。調整できそうな机を見つけてやってみるかな・・・職場で。 / “hoxaigraphics |” htn.to/qPzf1o
送信 11月26日 7:55 From Hatena

きっかけはこちら。

スタンディングデスクを半年間続けて気がついた7つのこと。
http://hoxai.com/archives/2432

幸いにしてというか今のオフィスにはそういった事が出来るスペースがある。本来はちょっとした打ち合わせや、集中したい時に使うスペースなのだが、あまり使われているのを見たことがないので、1日居座ってもそれほど問題はあるまい。

で、昨日1日試してみたのだが、確かに最初は体がきついが、仕事ははかどった様な気がする。いや気がするってなんだ。

先のブログのエントリーには7つのこととして以下のように紹介されている。

1.立って仕事をし始めると、最初の3日は地獄。
2.机の高さ、1センチ単位で全然疲れ方が変わってくる。
3.筋肉がつく。

続きはリンク先を見てもらう事にして、改めてふと思ったことがある。

何かを始める時にその理由や目的を整理したり、何かを始めた後でそのメリットやデメリットを整理したりといった事を「自然に行える」癖が自分にはついているだろうか。

仕事ではもちろんそうした事を考える(ようにしている)。それは他人に説明したりする必要があるからだ。ただ、そうしたものは「する必要がある」からしている事なので、時として無理矢理な理屈になってしまう事も少なくない。

もっと、呼吸をするかのように、こうした事を自然に考えるような癖をつければ、その辺りも変わってくるのではないだろうか。

昨日立って仕事をする事にしたのは、正直に言って「何となく」だった。それはそれで否定しないが、その時に何故やるのか、何のためにやるのかをちょっとでも整理しておけば、しばらくして振り返った時に効果や自分にとっての有益性なども考えやすい。

四六時中やることなすことそんな事を考えていたら疲れてしまう・・・かもしれないが、だからこそ習慣化して癖にしてしまう事が重要なのだ。意識的にやれば疲れるが、無意識に漠然とそうした事を考えられるようになれば、それは色々な場面で跳ね返ってくるだろう・・・メリットとして。

考えてみると、このブログの過去のエントリーには「整理されている」とは言い難いが、そうした目的や結果を書き連ねているようなものもある。そうした事をしていない訳ではないのだ(今は大分していないが)。後はちょっとした心掛けというか、赴くままに書くのではなく、箇条書きにするなり、多少とも整理するような書き方をすれば良いのかもしれない。

重要なのは、整理する事そのものよりも、それを習慣化し、癖としてしまう事だ。クオリティの問題はその後考えれば良い事で、そもそも多くの場合そうした習慣はクオリティに上乗せされていく。


さて、では自分にとっての「立って仕事をする」目的は何だろうか。

1.体力(筋力)を維持する(せめて1日立っていられる程度の体力は欲しい)
2.仕事への集中力を高める(より具体的には一つのタスクにかかる時間を短縮する)
3.通りがかりの人から注目される(それをコミュニケーションのきっかけにする)

こんな所だろうか。何だか構えすぎで、こういうのはなかなか続きにくい気がする。実際にはもっと肩の力が抜けた感じの整理ができるようになった時が、癖になっていると言える状態だろう。

|

« 体調不良 | トップページ | ドミナントのファーストインプレッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/60720140

この記事へのトラックバック一覧です: やる事なす事理由を考える:

« 体調不良 | トップページ | ドミナントのファーストインプレッション »