« やる事なす事理由を考える | トップページ | iPhoneからXPERIAへ »

2014年11月28日 (金)

ドミナントのファーストインプレッション

昨日もスタンドワーク。「地獄」という感じはしないのだが、疲れてくると集中力とモチベーションが低下する。集中力を高めるためのスタンドワークなのに、本末転倒であるが、その辺りは慣れだと思って続けるしかあるまい。

さて、今日はKオケの初本番ということなのだが、それはさておき、張り替えたドミナントの今の時点でのレビューをメモしておく。ちなみにまだ安定していないと思うのだが、発音の感じは金属音のようなものが残っている。

音色に慣れていない事からくるものなのか、そのあたりがはっきりしないのだが、音程と発音のコントロールがかなりシビアな気がする。当たった時と当たらない時の落差が激しい。音程を外したことがやたらシビアに聞こえるというか、やってしまった感が音に表れるというか、とにかく細心の注意を払って一音一音弾く事が要求される感じがある。

じゃあそれまでは気にしていなかったのかよと言われると面目ないのだが、もう少し「カバーしてもらえていた」気がするのだ。そういう要素が今の所ほとんど感じられない。とにかくちょっとの気の緩みがシビアに音に表れるので、正直に言えば楽ではない。

一方で、これを日常にできればかなり鍛えられるような気もする。自分の技量を見つめ直す良い機会なのかもしれない。

それから、音量は出ない。少なくとも主観的には出ない。弦が柔らかいために、どんなに押し付けても限界がある。本来、弦楽器は圧力を高めても音が大きくなるというものではなく、そもそもの最大音量には限界がある。弦楽器のダイナミクスはその「自然に出る最大音量」から、音を小さくする方向で組み立てるものなのだが、特にオケの爆音の中で弾いていたりすると、必要以上の圧力をかけて「大きな音を出している気分」を求めやすい。

その気分に明らかなNoを突きつけられる。とにかく主観としては音量が出ない。「そんなに押し付けたって音は出ないんだよこの間抜け野郎」とか言われているような感じで、音が伸びていかない。そもそもの圧のかけ方に微妙な力加減が要求されるというか、音が伸びる領域での圧力というのを細かくコントロールする必要がある。

まぁこれも考え方で、そうした本来の弾き方を身につけよという天の導きかもしれない。しかしそうなると、オケの中で練習するのが本当に良いのかという気にはなってくるなぁ。

|

« やる事なす事理由を考える | トップページ | iPhoneからXPERIAへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/60725141

この記事へのトラックバック一覧です: ドミナントのファーストインプレッション:

« やる事なす事理由を考える | トップページ | iPhoneからXPERIAへ »