« 演奏精度 | トップページ | 弦の劣化 »

2015年2月 5日 (木)

大雪

今日はKオケの練習日なのだが、予報は大雪。一応楽器は持ってきてしまったが、状況によっては中止を決めなければならない。個人の判断で良い気もするが、集団行動を基本とするオーケストラは、自然に「欠けてはいけない」意識が働くため、個人の事情よりも集団の事情を(個人が)勘案して無理をしてしまいやすい。そこで中途半端に対応が分かれるよりは、組織として方針を決めてしまった方が良かったりする。

ただ、都内での雪というのは判断と対応が難しい。降雪のケースが少ない事もあって、降る量とトラブルの発生の仕方とその対処のパターンがバラバラで読みにくいのだ。都内におけるトラブルのパターンの多くは、「予想していなかった」「備えていなかった」に起因しており、雪国では普通に対応できる例に対応できなかったようなケースである。これは逆に予想と想定さえしておけばさほどトラブルにはつながらないという事で、今回のように事前の注意喚起がなされている場合、想像以上にスムーズに対応できてしまったりもする。

台風などは明らかに非日常の天災なのだが、雪というのは地域によってはそれが当たり前(どころかはるかに多い地域もある)であり、東京における雪のトラブルはそうした知恵を十分に活かしきれない人災に近い部分があるのだ。不慣れがあるのは仕方がないが、人災は人の手で防ぎ備える事が出来るからこそ人災なのであり、前回と同じ降雪でも今回は起こらないトラブルというのも十分に考えられる。

もちろん、常に想定を上回る事はあり得るので(雪に慣れた地域でも起きる時は起きるのが自然災害だ)、だから問題ないということはないのだが、そんな訳で問答無用に練習を中止とするのは判断が難しかったりする。

|

« 演奏精度 | トップページ | 弦の劣化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61087504

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪:

« 演奏精度 | トップページ | 弦の劣化 »