« 弦の劣化 | トップページ | XPERIA Z1復活 »

2015年2月 9日 (月)

演奏会終了

U響の定期演奏会は無事終了。弦の心配はあったのだが、会場ではそれほどでもなかった。多少ムラがあるという事かもしれないが、昨日のF響の練習でもそれほど気になる事はなかったのでそういうものかもしれない。もっとも、先週書いた通り、音に囲まれているから気が付かないだけという可能性はある。

今回のU響のプログラムは、前半は経験曲、後半は初めての曲だったのだが、正直譜読みが追いついていなかった。本番1週間前にようやく音が身体に入るというのは、明らかに遅い。可能性としては(トラで乗るオケのように)そうした状態にもならないまま本番を迎える事になっていたかもしれない。

そんな事もあって、U響については今回で一区切りとする事にした。楽器を弾く時間を確保するという意味では、平日練習のオケはむしろ貴重なのだが、楽曲に対する姿勢としては中途半端になるのは否めない。楽しさに後ろ髪はひかれるのだが、ここは一度はっきりさせた方が良いと考えた。ただ、その分の楽器に触れる時間の確保の問題はどこかで考えなければならないだろう。

U響に入団したのは、2013年の1月だから、2年とちょっとお世話になった事になる。その間に5回の定期演奏会を経験した。マーラーの巨人、ドヴォルザークの新世界、ブラームスの4番までは過去経験のある曲だったからなんとかなっていた(それでも弾ききれたとは言い難い)が、その後のブルックナーの6番、今回のシューマンの1番は反省点が多い。そんな状態でも受け入れてもらえた事は大変ありがたかったが、それに甘えていたのも確かで、その甘えはF響やアンサンブルOにも波及してしまっている。

そういう惰性のような妥協的気分はどこかで断ち切らなければならない。その辺りの折り合いがついて、きちんと向き合えるようになれば、また戻れる日もあるだろう。


・・・で、そうなってくると今後課題となるのはF響をどうするかという話である。そもそも惰性と妥協といえばF響の方が問題はあるのだが、付き合いが長すぎてしがらみが積み重ねられすぎてしまっており、ズルズルと先延ばしにしてしまっているんだよなぁ。

|

« 弦の劣化 | トップページ | XPERIA Z1復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61108099

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会終了:

« 弦の劣化 | トップページ | XPERIA Z1復活 »