« 寝落ち | トップページ | しばらく朝食を抜いてみる »

2015年2月24日 (火)

何かを始める

この所ブログの更新が安定しないな〜と思いつつ、そもそもネタが安定していないんだよと考え直す。特にテーマも定めず、事前にネタを収集もせず、その時思いついた事をただ書いているだけだから仕方がないといえば仕方がない。

今日は火曜日で、これまでであればU響の練習のために楽器を持ってきている所なのだが、休団という事に?なったので、楽器はなし。これを気持ちが楽になったというべきか、喪失感があるというべきか。多分しばらくは両者が入り混じったような感情を火曜日には感じるのであろうが、それもそのうち日常の中に流されてしまうだろう。

実際、自分の中で楽器やオケがどの程度のウェイトを占めているのかは、よく分からない部分がある。プライベートの予定の多くはオケに絡むものだから、一見すれば相当なウェイトを占めているような感じだが、行動はともかく、気持ちとしてはどうなのかというのはやや心許ない。スキーも同じで、滑っている時の楽しさとは裏腹に、自分が何を目指しているのか、スキーに何を求めているのかは、よく分からない。

少し前に書いたが、精神的な貪欲さというか、欲望野望といった気持ちが薄いのだ。それはそのまま目的意識の低さにも表れ、ただ流されるように行動だけが積み重ねられる事になる。その辺りは、どんなに理知的に計画を立てることが出来たとしても、そもそもの欲求のレベルが低いために、どうにも根本の推進力が弱いみたいな話につながっている。

こういう気持ちの部分は例えば環境を変えたりしたら何とかなるものなのだろうか。いやそもそもの動機を考えるとあまり得策とは言えない。よく、行動を変えるには、気持ちではなく環境を変えることだという話があるが、あれは気持ちはあるけど行動を変えられない人へのアドバイスであって、気持ちがない人への処方箋ではないような気もする。

もっとも、よく新人には、しのごの言わずに任された事をやっているうちに好きになる、みたいなアドバイスがあるので、環境を変えるというのもそういった効果はあるかもしれない。冷静に考えると、それはその人の気持ちを仕事に向くように作り変えるという事なので、当人の気持ちとかは全く関係ない会社都合の話ではあるのだが。

いずれにせよ、U響の練習がなくなるというのは、それなりの転機であり、環境の変化でもある。気持ちを新たにする、みたいな気持ちは毛頭ないのだが、何かが起こるような何かを始めてみても良いのかもしれない。

|

« 寝落ち | トップページ | しばらく朝食を抜いてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61187528

この記事へのトラックバック一覧です: 何かを始める:

« 寝落ち | トップページ | しばらく朝食を抜いてみる »