« 惰性感 | トップページ | 演奏精度 »

2015年2月 2日 (月)

好きにするという事

好きにしたら?・・・オケの運営に関しては、最近そのように感じてしまう事が少なくない。もちろんそれは「勝手にしたら」という放置の意味ではないし、「やってみなはれ」という承認の意味でもないので、必要であれば意見は言わなくてはならない(もちろんそれも陰で言うのではない)と自覚しているのだが、大抵の事については、やりたい人がやりたい方向に引っ張っていけば良いと感じている。

いるのだが、やりたい事がある人はやり方が伴っていなくて、やりたい事がない人はそのやり方を気にする事が少なくなかったりする。会社組織であれば、上がやりたいといえばそのやり方を考えるのは下の役割だが、アマオケのような組織ではそうした形は当てはまらないので、やりたい人は自らやり方を考え、どうやったら上手くいくのか考えなければならず、その際にはやりたくない人の事もよく考えなければならない。

個人的には、やりたくない人は放っておけよとも思っているのだが、それは無視するという事ではなくて、彼らの意思を無効化するような方法を考えようという事だ。やりたくない人をやる気にさせようと考えるのは、その対極にあって、ハイコストハイリスクローリターンにしか思えない。いや、仲間意識とか仲良しクラブのようなあり方を志向しているなら、そう考えるのも分からなくはないのだが、アマオケなんて本来もっとドライな関係のはずである。

とまぁ愚痴と毒を吐いた所で、では進め方を考えますか。もう自分は意見を言うだけに済ませて、後は好きにしたらと思うのだが、そうも言っていられない状況に陥るのは何故なんだか。

|

« 惰性感 | トップページ | 演奏精度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61072536

この記事へのトラックバック一覧です: 好きにするという事:

« 惰性感 | トップページ | 演奏精度 »