« ボレロ | トップページ | evernoteオリジナルのジャーナルノートブック »

2015年4月14日 (火)

やらないことリスト

「やることリスト」より「やらないことリスト」の方が大事というのは、直感的には分かるのだが・・・。

「やることリスト」の逆、「やらないことリスト」の重要性
http://gigazine.net/news/20150412-forget-to-do-list/

やらないことリストって作るのも大変だけどそれを見える形で保持していく事も大変な気がする。やることリストは減っていくけど、やらないことリストは増えていくからなぁ。 / “「やることリスト」の逆、「やらないことリスト」の重要性 - G…” htn.to/RLp3Vj
送信 4月13日 19:02 From Hatena

やることリストは、基本的にそれをやる事によって減っていくので、それ自体がモチベーションになるし、その数を一定に保って増やしすぎないという抑止力も働くのだが、やらないことリストは要するにその逆になる。つまり、基本的には増える一方で減らす方向のインセンティブが働かない。

これはある意味リストとしては致命的である。項目が増えれば管理ができなくなるし、そもそも気が滅入る。長大なリストが精神的にマイナスに働くのは、それがやることだろうがやらないことだろうが一緒であろう。

効果的な「やらないことリスト」というのはどういうものだろうか。やるやらないの判断基準の原則を設けて、やることリストを作成する際に、無意識に加えてしまう「やらなくてもよいこと」を排除するといったやり方もあるが、それはやらないことリストとはちょっと違う。

そもそもタスク管理の原則は、やることをすべて書き出した上で、一旦忘れて一つに集中する事である。忘れてもよい状態を作り出す事で、物事に集中する心構えを作ると考えた場合、やらないことがリストとして存在するのは、逆方向に働きかねない。

そのように考えると、理屈としてやらないことリストの重要性はなんとなく分かりつつ、実際にそれはどのように作れば良いだろうかと迷ってしまうのだ。

やらないことを決めるというのは、それはやらないということを決めるということをやるという事でもある。そのように考えると、やることリストの中に、やらないというフラグを持つというあたりが、妥当な落とし所なのかもしれない。

あるいは、やることリストの中に、やめることとしてやることを追加するような感じだろうか。やらないことリストは難しくても、やめることリストなら、やることリストと同じように管理できるかもしれない。

|

« ボレロ | トップページ | evernoteオリジナルのジャーナルノートブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61437017

この記事へのトラックバック一覧です: やらないことリスト:

« ボレロ | トップページ | evernoteオリジナルのジャーナルノートブック »