« 尻拭いとしての集団的自衛権 | トップページ | Kオケ本番終了 »

2015年5月28日 (木)

Kオケ本番

木曜日はKオケの練習があり、楽器を会社に持っていかなければならないので、大体一度会社に直行して楽器を置いてからスタバに戻ってくるのだが、今日はまっすぐスタバに来ているので、机の脇には楽器が鎮座している。

一度会社に置いてくるのは、他の社員が多数出社してくるタイミングを避ける意味合いもあるのだが、今日は演奏会という事で、アピールも兼ねてその時間帯に楽器を持って出社する事にしたのだ。まぁ電車のタイミング次第で全く遭遇しない場合もあるのだけれども。

Kオケの演奏会は、一応2回目である。ただ、1回目は期末の納会の席での余興演奏だったので、演奏会と銘打って単独で行うのは今回が初めてだ。社員対象の就業後の演奏会という事で、どの程度社員に来てもらえるかは不明だし、そもそもメンバーが時間通りに集まれるかさえ不安が残るのだが、何とかここまで来たという所だろうか。

もっとも、何とかといっても、特に抵抗や障害があった訳ではなく、そういった意味で会社の理解はあるし、進めやすかった事は確かだ。役員がメンバーとして参加している事も大きいのだろうが、元々その辺りは寛容な雰囲気がある。

目下の課題は、メンバー集めである。今取り組んでいる曲は編成に合わせて編曲された曲が中心で、いわゆる一般的なクラシックの曲を演奏するには、どうしても人が足りない。本格的な演奏会となればエキストラを動員する方法もあるが、練習や本番の環境を考えると何気にエキストラでも集めるのは簡単ではなかったりする。

それでも、今回はそれでもサロンコンサートに近い雰囲気があるが、次の演奏会はそれなりのホールで実施する事になる。元々オーケストラを結成した目的がそうなのだから、出来ないとは言っていられない訳で、そのためにどうしていくかというのが次の課題だろう。そういえばその部分はまだ全く考えていないな・・・。

|

« 尻拭いとしての集団的自衛権 | トップページ | Kオケ本番終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61656193

この記事へのトラックバック一覧です: Kオケ本番:

« 尻拭いとしての集団的自衛権 | トップページ | Kオケ本番終了 »