« 経験値を積み上げる | トップページ | 楽譜の修正 »

2015年6月29日 (月)

週末オケ三昧

この週末は先週に引き続き、というか、先週以上のオケ三昧だった。

土曜日の午前中はF響有志によるアンサンブルコンサートに向けた練習で、パーセルのアブデラザール組曲やピアソラのリベルタンゴなど(アンサンブルCとしておこう)。
午後は先週見学に訪問したオケを再訪し、先週同様ロータの交響曲第3番の他、ミクローシュのヴィオラ協奏曲、アーノルドのイングランド舞曲集など(オーケストラEとしておこう)。
夜はアンサンブルOの分奏で、ショスタコーヴィチの室内交響曲とニールセンの交響曲第5番。
さらにその後大学オケの後輩と飲みに行ったりもした。

日曜日の午前中はF響でチャイコフスキーのエフゲニー・オネーギンと白鳥の湖。
午後は・・・流石になかったが、平河町ライブラリーでiPad miniのメンテナンス。
夜は会社オケのつながりで(しかし会社とは関係ない人間に)誘われたオケでメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲と交響曲第3番(アンサンブルMとしておこう)。
飲みには・・・行かなかった。

これだけ詰め込むと、土日にやるべき日常の諸々が崩壊してしまうのだが、一方で先週の午後が力尽きたように何もできなかった事に比べると、最後までテンションが維持されていた感じはある。やる事がなければぼーっと過ごしてしまうだけと考えると、むしろ充実していると捉えるべきなのだろう。

反面個人練習の時間などは確保できていない。ただ、こうした予定がなければ個人練習の予定を入れるのかといえばそれは全く別の話で、現実には何もせずに過ごしてしまう事も少なくない。平日練習のU響に参加した時の動機のように、無理にでもアンサンブルの予定があった方が、結局楽器に触れる時間を増やすには有効なのだ。

ただまぁ、U響は休団し、F響では降りると騒いでおきながら、こういう状況に飛び込むのは、何やら矛盾しているように見えなくもないだろう。自分の中では線引きできているのだが、あまり理解はされない考え方かもしれない。

まぁ騒いではみても結局F響では乗る事になっているし、U響に関してはKオケとの関係でしんどかった休団理由の状況についてはやや落ち着きつつあるので、考え直しても良いかもしれないとは感じつつある。

現状は少々ハイテンションな状態なので、少し落ち着いてから判断は下すべきだが、少しオケへの参加と練習の組み立て方を見直して見ても良いのかもしれない。

|

« 経験値を積み上げる | トップページ | 楽譜の修正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61810836

この記事へのトラックバック一覧です: 週末オケ三昧:

« 経験値を積み上げる | トップページ | 楽譜の修正 »