« 朝のテンション | トップページ | Kオケのスタンス »

2015年7月23日 (木)

持ち歩くデバイスとしてのMacBook Air

自分が日常的に持ち歩くデバイスというのはiPad miniにしていて、それはそもそもやることが限られているのでそれで十分ということがあるのだが、時々それでは足りずに、MacBook Airが必要になる事がある。だったら、最初からiPad miniではなく、MacBook Airでも良いのでは・・・などと昨日ふと思った。

特に平日の通勤時に持ち歩く場合、重量的な問題をさておけば、正直どちらでも良い。というか、機能を考えればMacBook Airの方が明らかに応用範囲が広い。そもそもそれらは会社で使うことは想定しておらず、朝の出社前か、帰りの帰宅前の時間に使うことを想定している。正直な話、iPad miniではブログを書くだけに終わるが、MacBook Airであれば他にできる事が増える。

例えばメールにしても、MacBook Airでないと正直書くのがしんどい(リンクとか添付とか複数の宛先設定とか)ものというのがあって、逆にiPad miniでストレスなく書けるようなメールというのは、XPERIAでも十分だったりする。実際、最近iPad miniでのメール作成は激減していて、それは多くがどちらかで済ませる形になっているからだ。

そうやって考えると、iPad miniでなければならない場面というのは、思った以上に少ない。

もちろん、サイズと重量の問題は厳然としてあって、iPadとiPad miniの間でさえ、持ち歩く際のストレスといった点では大きな違いがあるのだから、それがMacBook Airとなれば結構なものであるのは想像に難くない。また一部のアプリ(楽譜とか)に関しては、MacBook Airの不便ということもある。

ただ、休日の持ち歩きはともかく、こと平日に関しては、MacBook Airの方が良いような気がしなくもない。そんな訳で今日はMacBook Airを持ってきているが、今朝のところは重量的なストレスはない(使わないiPad miniも鞄に入っているという無駄感はともかくとして)。

まぁ今日の場合は実際にやりたいことがあっての話なので、単にiPad miniでも足りるような日に持ち歩いてどんなストレスがあるかは別の話なのだが、しばらくMacBook Airを持ち歩き用にしてもよいのかもしれないと思ったりしたのだった。

もっともその場合、iPad miniの用途はどうなるんだという話が浮上してくるのだが(笑)

|

« 朝のテンション | トップページ | Kオケのスタンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61939724

この記事へのトラックバック一覧です: 持ち歩くデバイスとしてのMacBook Air:

« 朝のテンション | トップページ | Kオケのスタンス »