« 音源カラオケ | トップページ | 考えて弾く楽しみ »

2015年7月10日 (金)

久し振りのセミナー

昨日は久し振りに(定時後に)セミナーに出席してきた。知り合いからのお誘いだったが、事務所が仙川に移ってから、こうした夜の勉強会からは足が遠のいていたので、良い機会だった。

あまりオープンなセミナーではないので、内容の本筋に直接触れるのは避けるが、話の中で幾つか印象に残ったものをピックアップしてみる。

・対面のコミュニケーションには一種の強制力が働いている
上司がコミュニケーションをとる際の注意点のような話だったが、どういったコミュニケーションがその人のクリエイティビティを引き出す事につながるのかという点は、確かに意識したほうが良いのだろう。
強制力というよりも、ロールプレイが発言にもたらす影響のようなものかもしれない。

・アマチュアとは「(その事を)愛する人」
プロフェッショナルの限界とアマチュアの創造性の話で、F響代表の持論なので、こんな所で聞くとは、という感じ。ただ、改めて整理立てて話を聞いていると、アマチュアでも専門用語や当然視という問題はあって、それは愛するがゆえだったりするので逆に厄介だよなと思ったりもした。

・多様性と対話は対になって初めて価値を持つ
多様性はただ受容するだけでなく、そこに対話が加わって初めて創造性が生まれてくるという話。逆に対話というのも、多様性のない単一価値観下では、なんら新たな価値を生み出せないというのはその通りだろう。

こうしたセミナーに出席すると、意外と本筋以外の所に発見があったりして面白い。そもそもセミナーは、講師に発見を与えてもらうものではなくて、自分で何かを発見するためのものなので、そうしたプラスアルファが生み出せてなんぼだよなとは考えている。

もっとも、昨日のセミナーは本筋においてもなかなか興味深かった。今後紹介するかはさておき、自分のものの見方にまた一つの視点が加わったような気がしている。

|

« 音源カラオケ | トップページ | 考えて弾く楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/61866119

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのセミナー:

« 音源カラオケ | トップページ | 考えて弾く楽しみ »