« ブランドの価値を高める | トップページ | インナーブランディングと理念浸透 »

2015年8月10日 (月)

アンサンブルの頻度

この週末は練習が2件だけで、「だけ」という書き方はなにか違うような気もするが、アンサンブルOの練習がないだけで気分的には平穏な週末だった。来週はお盆でF響の練習も休みになるので、少し中だるみ感が(気分としては)出てしまいそうで少々怖い。

実際にはそれほど悠長な事は言っていられないのである。先週は本番直後でしかも猛暑が続いていたので練習という気分ではなかったが、この気分を持続させてしまうと、お盆が終わった以降に勘を取り戻すのに多大な時間がかかる。

以前にも書いたが、アンサンブルOの練習をしている期間というのは、他の練習において楽譜の細部に注意が及ぶようになる奇妙な現象が発生する。逆に言えば、それ以外の期間は楽譜に対する注意力が低下しているとも言える。

重要なのは、そうした楽譜に対する注意力を維持することだ。昨日のF響の練習では、多少それが残っていた。しかし、次の練習の時に残っているかは分からない。

今週末はF響の練習はないが、オーケストラEとアンサンブルMの練習がかぶっていて、どちらかには参加する予定。まったく合奏の機会が失われてしまう訳ではないが、アンサンブルの頻度が低下するのは確かで、その場合に感覚が鈍っていくのは否めない。

そういった意味では(今は休団している)U響の平日練習というのも大切な機会なんだよねぇ。

|

« ブランドの価値を高める | トップページ | インナーブランディングと理念浸透 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62053592

この記事へのトラックバック一覧です: アンサンブルの頻度:

« ブランドの価値を高める | トップページ | インナーブランディングと理念浸透 »