« メンバーの役割 | トップページ | Xperiaのない1日 »

2015年8月20日 (木)

メンバー不足にどう対応するか

今日はKオケの練習。ここしばらくは会社にサイレントチェロを置きっぱなしにしてそれを使っていたのだが、9月に急遽演奏の機会が入ったため、通常の楽器を持って出勤した。

・・・雨なので萎えそうになったが。

Kオケはすでに社内では2回演奏を行っていて、次は時間としては短いながらも3回目になる。演奏技術云々はともかく、意外と機会があって、それはそれで良いことだろう。ただ、回数が増えてくれば、演奏レベルを笑って済ませる訳にもいかなくなってくるので、その辺りのバランスというか、さじ加減が難しい。ポリシーとして、レベル向上よりも様々なメンバーが集まる事や楽しさを目指しているので、参加のハードルが上がってしまうのも考えものだ。

一方で社内で認知されるようになってくれば、今回のような声もかかる。そうやって認知が広まらないと、潜在的な参加者へのアプローチもできないし、声がかかるようでないとそもそも活動自体の維持が難しくなる。

もう一つの課題は・・・その機会にちゃんと人がそろうかどうかだろうか。自分もそうだが、楽器的にどうしても欠けると困るメンバーというのはいて、出欠を確認したらその1人が当日欠席になっていて、これをどう補うかというのは結構難題である。

まだまだ小規模で、しかもトラで補うのは難しい訳だが、さて、どうしたものか・・・。

|

« メンバーの役割 | トップページ | Xperiaのない1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62118473

この記事へのトラックバック一覧です: メンバー不足にどう対応するか:

« メンバーの役割 | トップページ | Xperiaのない1日 »