« 楽器を弾く技術の低下 | トップページ | 録音する »

2015年9月30日 (水)

周囲に聞こえる音をコントロールする

昨日は仙台に出張だったのだが、その話はさておいて、移動の時間があったので週末の練習の録音を聴く事が出来た。

音がヒドい。粗いどころではない。

マイクの位置とレコーダーの特性の関係で、オケの中で自分の音を突出して拾ってしまっているのは確かなのだが、それだけに酷さが際立っている。どう考えてもアンサンブルに溶け込んでいない。もちろん溶け込む事で(自分の音として)聴こえない場面もあって、そういった箇所は良いのだが、多くは浮き上がった変な音になっている。

録音を聴いて思うのは、人の声と同じで、自分に聞こえている音と周囲に聞こえている音は違うという事だ。それを自覚した上で、どのように周囲に伝わる音をコントロールするかが課題という事だろう。イメージした音にどれだけ近づけられるかというのは、スキーの姿勢制御にも似ている。

ただ、今回の場合、そのイメージがまだついてきていないという事もある。白鳥の湖には大きなソロがあるが、そこなどは自分がどう弾きたいのか、オーケストラをどう響かせたいのかのイメージが自分の中で固まっていない。元々楽譜や音源からそういったイメージを形成するのが苦手で、アンサンブルの中で自ら弾いていないと掴めない傾向があるのだが、曲の構造上その機会が少ないという事もある。ソロで聴かせる曲なので、アンサンブルで整理すべき要素が少ないからだ。

そんな練習上の都合を嘆いても仕方がない。何れにせよ、ハープも絡んでくるので、完成されたアンサンブルになるのは本番直前だけだ(すでに本番直前だけど)。今の状態で、どのようにしたらアンサンブルにアジャストした形で周囲に聞こえる音をコントロールできるのか、考えなくてはならない。

とりあえずは録音して確認する事を繰り返すしかないか。自分の音を聞くのはツライけれども。

|

« 楽器を弾く技術の低下 | トップページ | 録音する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62381329

この記事へのトラックバック一覧です: 周囲に聞こえる音をコントロールする:

« 楽器を弾く技術の低下 | トップページ | 録音する »